SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2019.01.28

【F1第31節/町田×名古屋】名古屋に敗れてプレーオフの望みが絶たれる…「前進していると信じてやっていくしかない」(町田 岡山孝介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

1月27日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第31節のペスカドーラ町田vs名古屋オーシャンズが町田市立総合体育館で行われ、3-5で町田は敗れている。

ホーム最終戦に臨む町田は、この試合で引き分け以下の結果に終わるとプレーオフ出場の望みが絶たれる。そんな中、6分に失点を喫するも7分には室田祐希が森岡薫の落としたボールを蹴り込んで同点とした。ところが8分に再びゴールネットを揺らされて、前半は1点ビハインドで終えた。

すると後半も25分に失点して2点を追いかける展開に。それでも粘りを見せると29分には左のライン側でボールを受けた室田のパスから、最後は森岡が体勢を崩しながらもシュートを流し込む。30分には右サイドから放った滝田学のシュートがネットを揺らして3-3の同点に。しかし31分にまたも失点すると、36分からは室田をGKに置いたパワープレーに移行。しかし逆に残り5秒で失点して試合は終了。この結果、町田のプレーオフ出場の望みは絶たれた。

選手権でもっと良い試合ができるように

岡山孝介監督(ペスカドーラ町田)

──試合を振り返って。

内容的には想定していたような内容、展開でした。その中で勝てなかったことは残念に思います。相手に主導権を握られることは仕方ないにしても、我慢強く戦って、理想で言えば同点のままパワープレーにいければ良かったですが、それもできずに残念な結果に終わりました。

ただ、シーズンが終わりではなく選手権で対戦することもあるので、その時にもっと良い試合をできるように練習から手を緩めずに頑張っていきたいと思います。

──前から積極的にプレスすることを貫いたが、交わされる場面が見られた。そこでもう一工夫あれば良かったように見えたが。

そこに関しては、名古屋というチームは格段にボールが保持できます。早く寄せて、しっかり構えて、粘り強く食らいつくようなトレーニングを多くしてきました。ただ、フィジカル、技術、そういう部分で届かなかった部分があったと思います。

そういうのは頭で理解して、誰がカバーリングに行けば防げるという話ではないと思います。1年、2年と年間を通してやらなければ体現できないものです。今日の戦いでも積極的にチャレンジして、体感して、それをトレーニングに生かしていく。それしかないと思っています。

ただ、前回の対戦はもっと好きなようにやられていて、簡単にシュートを打たれるなど点差以上の差がありました。今日ももっと点を取られてもおかしくありませんでしたが、その中でもミスを誘ったり、奪い切れるシーンは多くはなかったですが自分たちのディフェンスが前回よりできていました。前進していると思って、信じて選手権に向けて頑張っていきたいと思います。

ダニエル・サカイ(ペスカドーラ町田)

──試合を振り返って。

今日の試合は、ある程度自分たちがやれるというポテンシャルを示すことはできたと思います。残念ながら結果的に勝つことはできませんでしたが、試合後に周りの選手と話していて、これくらいの試合をシーズンの最初からできていればプレーオフ、優勝争いができていたと思います。ただ、それがシーズン当初からできなかったです。

結果的に勝てなくて非常に悔しいですが、この試合でやるべきことできることを全力でやったつもりです。そういう意味では残りの2試合や全日本選手権もありますし、そこにつなげることができる試合だったと思います。

見にきた人たちに少しでも僕たちのポテンシャル、全力で戦ったことを示せたと思っています。残りの2試合と全日本も頑張りたいです。

──今日のような戦いを最初からできていればとのことだが、できなかった要因は。

これが原因とはなかなか難しいです。フットサルだけに限らずスポーツにあることだと思います。個人的にも名古屋でチャンピオンに慣れなかった経験をしています。あれだけメンバーがいても結果が出ませんでした。

今年の町田も良い選手が揃っていて、シーズン前から優勝するんじゃないかと言われていました。ただ、難しいのは、良い選手がたくさんいるから優勝できるかと言えばそうではないのがスポーツだということです。

そこに関しては1年間の積み重ねだと思います。シーズン当初は今日のような試合をして、優勝するというプランを立ててスタートしましたが、うまくいかないことがありました。それは小さなことかもしれないですが、練習からうまくいかないことがクリアできていないなど本当に細かなところです。それが積み重なってこの結果になったと思います。

ただ、これはある意味、スポーツの醍醐味です。良い選手がいるから勝てるわけではない。なので、これという原因を言うのは難しいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami