SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.02.09

【F1第32節/立川・府中×仙台】上位チームを相手に互角の試合を繰り広げ「サポーター、会場に来ている皆さんとテレビで見ている皆さんは楽しく見れたと思う」(仙台 ホセ・フェルナンデス監督)

PHOTO BY軍記ひろし

2月9日(土)に行われたDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の駒沢セントラルで、ヴォスクオーレ仙台は立川・府中アスレティックFCと対戦し2-2のドローで終わった。

試合は4分に堀内迪弥がアラン・ギタヒからの強い斜めのパスを詰めて先制する。プレーオフ進出を決めている相手に攻め込まれることも何度かあったがGK税田拓基のファインセーブとポストに救われながら難を逃れ、1点リードで前半を終える。

後半、1点のリードを守りながら追加点を狙う仙台だったが29分に荒牧太郎が2枚目のイエローカードで退場処分に。するとその直後に失点を許し同点になってしまう。このゴールで立川・府中に勢いが戻り35分には逆転弾を許してしまう。

そして残り5分を切ったところで仙台はマルロンをGKと代えてパワープレーを開始。なかなかゴールが奪えずにいたが37分にゴールライン付近でロングボールを収めた堀内が個人技でゴールへ流し込み同点とする。

このゴールで今度は立川・府中がパワープレーを仕掛けるが得点は生まれず試合は同点のまま終了。仙台はこれで3試合勝ちなしという結果になった。

1点リードで前半を折り返したが……。

ホセ・フェルナンデス監督(ヴォスクオーレ仙台)

──試合を振り返って。

いい試合でした。攻撃と守備に関してとてもいい試合で、決定的なチャンスも作ることができましたがもっと点を入れてほしかったです。試合の中で2つのシーンはあって、その2つのせいで試合の流れが変わってしまいました。ですがサポーター、会場に来ている皆さんとテレビで見ている皆さんは楽しく見れたと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami