SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2019.02.09

【F1第32節/すみだ×北海道】最終節までもつれた残留争い「私自身も悔いが残らないように」(北海道 小野寺隆彦監督)

PHOTO BY軍記ひろし

2月9日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第32節のフウガドールすみだvsエスポラーダ北海道が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、2-3で北海道は敗れた。

今季最後の駒沢セントラル初日第2試合では、残留に王手をかける北海道が登場。3分に失点する苦しい入りとなるが、すみだの攻撃を水際で凌いでいくと、徐々に流れを引き寄せる。迎えた14分には小島翼のパスから水上玄太が技ありのループシュートを沈める。さらに前半終了7秒前には小島のゴールが決まって逆転して後半を迎えた。

後半も押し込まれる展開の中、33分に動転ゴールを許すと、直後の34分にも失点して逆転を許す。残留に向けて勝ち点が欲しい北海道は38分からパワープレーに入るが、追いつくことはできずに試合は終了。一時はリードした北海道だが12戦未勝利となり、残留の行方は最終節に持ち越しとなった。

最後まで北海道らしく

小野寺隆彦監督(エスポラーダ北海道)

──試合を振り返って。

残留争いの中で大きなポイントとなる試合だと思って臨みました。選手たちはタフなゲームをこなしてくれたと思います。シーズンの中盤の苦しみ始めた頃と比べると良くなっていると思います。ただ最後に決められる部分は修正しきれなかったなと思っています。

それでも下を向いても仕方ないので、明後日の大分戦に向けて気持ちを切り替えて、最後の最後まで北海道らしく諦めずにチームを鼓舞して、私自身も悔いが残らないように戦いたいと思います。

──最近の試合では先制しながらも逆転される展開が目立つが、そこの改善方法は?

何かを具体的にしているかといえば、選手たちとの対話しかありません。勝ち点を取るまでは脱出できないのかなと思っています。降格争いをしている緊張感だと思います。

もちろんディフェンスの部分ではあまり高い位置に出ないように。勝ち点1でも取らなければいけない状況なので、無理に前からボールを奪いに行くようなことはしていません。でも要所でやられるのは、戦術的な部分であり個人の問題でもあります。

自分たちの力で勝ち点を取れるようにならないと、いつまで立っても変わりません。ただ、下を向かずに声をかけ続けるしかないと思っています。

三浦拓(エスポラーダ北海道)

──試合を振り返って。

リードしている中で逆転されるのはGKとして、キャプテンとしてすごく責任を感じます。ただ、勝ちにいた結果、攻めた結果で取られたゴールなので、これは次につなげたいと思い亜mす。自分たちの力で勝ち点1でも勝ち点3でも取って、自分たちの力で残留したいと思います。

──次が今季最後の試合。残留争いの中だが、サポーターにどんな姿を見せたいか?

サポーターには勝つ姿を見せたいですし、北海道らしくがむしゃらに戦う姿を見せたいです。会場にこられていない方、北海道のフットサルを知らない方たちにも良いニュースを届けるという使命があります。フットサル選手としてがむしゃらに戦いたいなと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami