SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.02.10

【F1第32節/F選抜×浜松】あと9秒で…痛恨ドローで入れ替え戦へ「諦めたりプレーをやめることはない」(浜松 豊島明監督)

PHOTO BY軍記ひろし

2月10日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第32節のFリーグ選抜vsアグレミーナ浜松が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、1-1の引き分けに終わった。

逆転での残留には2連戦での2連勝が最低でも必要な浜松。立ち上がりから攻守の切り替え早く気持ちの入ったプレーを見せて行く。すると15分、相手のバックパスから得た間接的FKで最後は中村友亮がネットを揺らして先制点を奪う。その後は追加点こそ奪えなかったもののリードして試合を折り返した。

後半の立ち上がりもチャンスを作り出す浜松だが、追加点が遠い。すると徐々に足が止まり始めてFリーグ選抜の攻撃を受ける場面が増えて行く。それでも水際で凌いでいくと、試合終盤は相手のパワープレーを受ける。すると残り9秒、Fリーグ選抜に移籍した新井裕生のゴールが決まって同点に。試合はそのまま終了し、浜松は最下位が確定。ボアルース長野との入れ替え戦に臨むことになった。

得点のバランスで苦しんだシーズン

豊島明(アグレミーナ浜松)

──試合を振り返って。

これで僕たちのリーグ戦最下位が決まって、入れ替え戦に臨まなければいけなくなりました。だからと言って僕たちはこれで諦めたり、プレーをやめることはないです。明日のゲームと入れ替え戦に向けて、今日の結果は切り替えてやっていきます。

応援するサポーターやスポンサーにしっかりと自分たちのやらなければいけないことを示す責任があります。切り替えて明日のゲームに臨みたいです

──勝ち点3を取るために対策したと思うがその中にハーフに引いて守っている印象だったが。

前半はプラン通りに進めていましたが、後半に関しては、相手が3セットでやってこちらは2セットでやっていて、その中で相手の圧力や強度を後半は感じたから引かざるを得ませんでした。

その点は反省すべきところですし、本来なら前半のように前からボールを奪いたいですが、後半は相手の強度圧力に押し込まれました。

──シーズンを通して守備力と攻撃力はどちらに課題があったのか?

今季は得点です。リーグで最少得点です。今日のような1点差のゲームが多く、そのほかは大敗のゲームというバランスが悪いなと。

オーシャンズ戦も1点足りず、仙台戦も追いついて1点が足りない試合でした。1点差を引き分けや勝ちに持っていけなかったなと。得点のバランスがあればもっとゲーム内容も変わっていたと思います。

松浦勇武(アグレミーナ浜松)

──試合を振り返って。

勝ち点1で最下位が決定しました。それは事実で、落ち込んでいても仕方ないというのが率直な感想です。その中でも選手は良かった点を探さないと切り替えられないというのが僕の考えです。

今日の試合で勝ち点3を取るために選手、監督やスタッフ全員で対策して失点する前までは良い形でゲームを運べたと思います。ただ、それで勝ちきれないのが今季を象徴しているなと。明日もたくさんの方が応援してくれるのでその期待に応えるためにも、そして入れ替え戦につながる試合を明日はしなければいけないと思っています。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami