SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.02.11

【F1第33節/浜松×浦安】最終戦は大量失点で意地を見せられず。「僕たちにはやらなければならないことが残っている」(浜松 豊島明監督)

PHOTO BY軍記ひろし

2月11日(月・祝)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第33節、アグレミーナ浜松とバルドラール浦安の一戦が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、浜松は2-7で敗れた。

2分に先制を許した浜松は6分、左サイドの中村友亮からのパスを鷲北一輝が自身9得点目となるゴールを左足で決めて同点とする。しかし6分、8分、9分と立て続けに失点して1-4とリードされてしまう。

その後、12分には永野雅也の初ゴールも飛び出したものの、18分、19分に相手にスペースを与えて連続失点して、2-6と痛恨の点差で試合を折り返すことになった。

後半に入って攻勢を強めたい浜松だったが、24分には須藤慎一がこの日2枚目となる警告を受けて退場。そこから2分間の数的不利な状況はしのぎ切ったものの、主力を欠いてさらに苦しくなったことで攻め手がなくなり、34分に1点を加えられてタイムアップ。

浜松はこの日、磯田剛志やGK岡島工など、普段から出番の少ない選手を起用するなかで、23日、24日に行われるFリーグ2018/2019 ディビジョン1・2 入替戦プレーオフを見据えた戦いもしたが思うような結果を得られず。終盤は8試合勝利がないまま、屈辱の最下位でシーズンを終えることになった。

あまり出ていない選手を試す場でもあった

豊島明監督(アグレミーナ浜松)

──今日の試合を振り返って。

リーグ最終戦でこういったゲームをしてしまいましたが、僕たちにはやらなければならないことが残っていますし、(23日、24日に行われるFリーグ2018/2019 ディビジョン1・2 入替戦プレーオフでは)こういう試合にならないように準備します。これで終わりではないので、そこを踏まえて準備したいと思います。

──須藤慎一が2枚目の警告を受けて退場してしまったことで、入れ替え戦の初戦に出られないと思います。1枚目をもらったところで温存などは考えなかったのでしょうか?

考えていました。ちょうど交代しようと思っていたときに、あのファウルを犯してしまいました。(相手にファウルを)誘われた感じでした。少し(交代の)判断が遅かった。頭にはあって、そのときに起きてしまったので、判断がタッチの差でした。もう少し早く行動に移していたらよかったと思います。

──「まだやらなければならないことが残っている」という入れ替え戦に向けて、この現状からどのように準備を進めていくのでしょうか?

ケガ人も含めて、累積も出ているの状況はよくありません。でもやらなければいけない試合ですから、そこはポジティブに考えて。今日も若い選手を長く使わざるを得ない状況でした。入りは悪かったですが、後半には奮起してくれていましたし、普段からあまり出ていない選手も入れ替え戦で使っていかないといけないということでは、その予行演習ではないですが、彼らがどれくらいやっていけるのかを試す場でもありました。できた選手、できなかった選手が分かれたと思います。今の状況はよくはないですが、入れ替え戦はチーム力が試される試合になると思っています。

松浦勇武(アグレミーナ浜松)

──今日の試合を振り返って。

最終戦でこういう結果になってしまいました。シーズン通して不甲斐ない試合しかできなくて、たくさんの方が応援してくれるなか、そこで自分たちの力でひっくり返したり、抵抗したりということが、シーズンを通してできなかった無力さ、実力のなさにがっかりしています。そういう現実を突きつけられたシーズンでした。

今日も会場に来てくださったファン・サポーターの方やJ SPORTSやAbemaTVで見てくださった方にこういう試合を見せてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami