SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2019.02.11

【F1第33節/F選抜×町田】今季を象徴するような試合でFリーグ選抜に敗戦も目標は全日本へ「悔しさをぶつける舞台が残っている」(町田 岡山孝介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

2月11日(月・祝)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の最終節のFリーグ選抜vsペスカドーラ町田が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、町田は0-4で敗れた。

今季の最終戦を迎えた町田は、立ち上がりから積極的な入りを見せる。しかし3分に失点すると、その後も町田が猛攻を見せるがGK坂桂輔の好守の前にゴールが奪えない。さらにファウルがかさんでいくと、前半終了間際に6つ目のファウル。この第2PKを決められて、0-2で試合を折り返した。

後半も立ち上がりから町田が攻め込むが、前半と同様にGKの好守に阻まれる場面が続く。すると30分に3点目を失い35分からは室田祐希をGKに置くパワープレーに入る。ところが39分にパワープレー返しから失点して勝負あり。町田はシーズン最後の試合で今季を象徴するような苦しい展開から敗戦となった。

こういう試合は予想していなかった

岡山孝介(ペスカドーラ町田)

──試合を振り返って。

最終節で、こういう試合になってしまって非常に悔しく思っています。ここ2週間は良い練習ができていたので、こういう試合になることは予想していなかったです。本当に悔しいしですし、残念な気持ちでいっぱいです。

その悔しさをぶつける舞台が1つ残っているので、そこに向けて初心に帰って頑張っていきたいと思います。

──予想していなかったとのことだが、それがこういう展開になった要因は?

良い練習をしてきて、一昨日も大阪を相手に優勢に進められて、その自信が過信になったのかわからないですがそういうことも考えられます。相手はチャレンジャーで向かってくる中、受けに回るのだけはやめようと話していましたが、部分、部分で受けに回ったところが見受けられました。

そういった少しの隙をつかれたと思います。大阪戦でも良い試合をしても最後に追いつかれる。そこに関してフラストレーションだったり、自信を持ちきれない要因だった可能性もあります。はっきりした要因はわからないですが、そういう部分が考えられる要因ではあります。

──Fリーグ選抜に2敗して悔しいと思うが、漆原玲や伊藤圭汰が活躍していたが、その姿をどう見ていたか?

嬉しく思っています。才能ある選手が経験を積めば成長しますし、その姿を見られてよかったと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami