SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2019.02.17

【プレーオフ準決勝/大阪×立川・府中】圧倒的優位を“守り切っての敗戦”で決勝進出!「ロッカーでしゃべれないくらい選手は疲れていました」(大阪 比嘉リカルド監督)

PHOTO BY軍記ひろし

2月17日、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1のプレーオフ準決勝、シュライカー大阪と立川・府中アスレティックFCの第2戦が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、大阪は立川・府中に2-6で敗れたものの、第1戦で大量得点を挙げて勝利した優位を保ってプレーオフ決勝進出を果たした。

第1戦を11-4で勝利した大阪は「7点差以内の敗戦」で決勝進出という圧倒的有利な状況。戦前から予想された通り、相手が立ち上がりからパワープレーでハイリスクな攻撃を仕掛けてきたために守備に注力する戦いとなった。2分にミドルシュートを決められビハインドを追いながら、集中した守備で対応を続けると、18分には加藤未渚実が右サイドで粘って、最後は中央の稲田瑞穂が決めて同点に。大量得点での勝利を狙う相手の気持ちを折る決定的なゴールを決めて試合を折り返した。

後半も24分にパワープレーから勝ち越しを許したものの、直後の25分、チアゴの落としを稲田が決めて試合を振り出しに戻した。その後は、なりふり構わずに攻めてくる相手に失点を重ねたものの、優位な立場を生かして冷静な戦いを見せ、2-6でフィニッシュ。名古屋オーシャンズへの挑戦権を手にした。

試合の熱さで並べないと相手のペースになってしまう

比嘉リカルド監督(シュライカー大阪)

──今日の試合を振り返って。

今日は普通の試合ではないですよね。昨日の(勝利で得た大量の)点差があったので、(守備に特化する)タフな試合になるとわかっていました。こちらとしては、リズムを作ってから相手がパワープレーにくると思っていたのですが、最初から仕掛けてきました。相手のことを考えると、8点を取らないといけないということで攻めてきて、うちは守るしかないためにリズムを作りづらかったです。攻撃できるセットとパワープレーの守備ができるセットで6、7人しかいないなかで、少ない人数でも40分間、守り切れて良かったです。ロッカーでは、選手もしゃべれないくらいに疲れていました。名古屋に思い切りぶつかりたいと思います。

──プレーオフ決勝に向けて大阪のキーマンとなるのは?

正直、みんなで頑張っています。みんな努力している結果なので、1人を選べないですね。みんなでもう一度団結して、まとまって、名古屋にぶつかりたいです。

──序盤から相手がヒートアップしていて、それに大阪も乗ってしまっていました。前半10分でタイムアウトを取ってどんなことを話したのでしょうか。

相手からすれば、最初から燃えなければリズムを作れないですし、自分たちもそこで踏み切れないと相手のペースになってしまいます。試合の熱さで並べないと相手のペースになってしまう。ですが、試合にも慣れて、レフリーもきちんとジャッジしてもらえたいるので、落ち着いて頑張ろうと。(点差があるということで決勝に)上がれる可能性が高いので、審判もちゃんと見てもらっているので、集中して戦おうと話しました。

──リーグ戦では名古屋に敵いませんでしたが、どう挑みますか?

リーグ戦もそうですし、カップ戦、プレマッチでも負けていました。ただ、リーグとプレーオフは違う、特別な試合です。気持ちや流れも大事です。敗れた試合も、集中していい内容でしたが、細かいところをやられて相手のペースになってしまいました。昨日と今日は集中力が高かったですが、これ以上やらないとやられてしまいます。作戦を立てて、40分集中できるように、やり切れるようにしっかりと準備したいと思います。

小曽戸允哉(シュライカー大阪)

──今日の試合を振り返って。

本当に長い時間パワープレーをされて難しい試合でしたが、自分たちがパワープレー返しでやめさせるくらいの守備をしないと40分、守り続けるのが難しいと思っていました。守れていたところや点を取りに行けた部分はプラスになると思うので、しっかりとプレーオフ決勝に向けて準備をしたいです。

──荒れそうな雰囲気のなか、選手の間でどんな働き掛けをしたのでしょうか。

立川・府中がどんな意図かはわからないですが、自分たちには挑発しているようなところが見えました。こういう試合は熱くなるのは当たり前ですが、それ以上だったので、そこには乗らないようにと話していました。無駄なカードや退場で決勝に出られなくなるので、そこは気をつけようと。点差には多少の余裕があるので、決勝で全員がそろうことが大事だと思っていたので、そこはベンチもピッチの選手も共通意識を持って、常に話し合いながら声を掛け合うことを徹底していました。

▼ 関連記事 ▼

Bitnami