SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア

【プレーオフへの決意】優勝のピッチに立てなかった2年前。決勝に特別な思いを抱く加藤未渚実「こんなチャンスはない」

PHOTO BY軍記ひろし

ゴールでチームの勝利に貢献したい

──そんな中、第2戦では少し激しい試合になりましたね。

立川・府中のことはわかりませんが、何か爪痕を残そうというか。僕らに良くない影響を与える策略だったのかなと感じました。僕らとしても、相手がそういう出方で来る可能性があると思っていました。

特に僕は1戦目で警告を受けて、アルトゥールも2戦目で警告を受けました。そこでまた警告を受ければもったいないです。あとはケガにも注意して、お互いに熱くなる瞬間もありましたが最後は冷静に戦うことができましたね。

──準決勝を制して次はいよいよ決勝です。リーグ優勝に向けてその自信は?

立川・府中との試合を終えての感触では、良い方向に向かっているのかなと。あとはチアゴが戻ってきて、あと1ピースが揃えば攻撃の怖さも増します。芝野創太選手の調子も良いので、そことのコミュニケーションを取りながら戦えれば良い結果になると思います。

──コンディションで言うと、ご自身も先日の代表戦では2試合連続ゴールを挙げましたし、この準決勝でも良い状態のように見えましたが?

大事な瞬間で、そのプレーがゴールにつながることができるようになってきました。その感触を忘れずに、名古屋戦でも結果の部分。ゴールに繋がるプレーができれば、チームの勝利に貢献できると思っています。そこは頑張りたいですね。

──先ほどの話にもありましたが、名古屋にはリーグ戦で勝てていません。プレーオフに臨むにあたって切り替えはできていますか?

僕らもこの準決勝で受ける立場を経験し、それによるメリットとデメリットはわかっています。僕らは今週、強度が高い試合を2試合しました。試合感の部分は、僕たちの方があると思っています。その隙を逃さずにファーストチャンスをしっかりと決める。名古屋に「あれ?ちょっとおかしいぞ」と思わせられる状況まで持って行けば、大阪にも勝機はあると思っています。

──とはいえ、今年の名古屋は無敗でリーグ戦を終えて、歴代最強ではないかとの声もありますが?

強いですね。ただ、勝つためには先ほどのようにスタートの時点で調子に乗せないこと。それができれば、こちらに転がってくると思います。

──優勝に関していえば、2シーズン前に初優勝されています。ただ、ご自身はケガの影響もあり戦列を離れていましたが、今回は特別な瞬間をピッチで迎えるチャンスですね?

確かに、当時はあの場に立てていませんでした。自分がピッチに立った中で優勝できるチャンスです。こんなチャンスはそんなに多くないと思っています。良い準備をして臨みたいですね。

──ピッチの外で見る優勝と、ピッチに立っての優勝は大きな違いがありますよね?

最後にピッチに立っていなかったので、思う部分もありました。一番悔しかったのは、その年の全日本選手権の決勝ですね。その頃にちょうど手術をして病院で見ていたんですが、あの場に立っていられなかったことにもどかしさはありました。

リーグ戦に関しては、十分貢献したなという実感があったのですが、全日本には貢献できていない中での優勝だったのでその悔しさはありました。

──そういう意味でも、今回の決勝戦は自分の存在を示す機会ですね?

もう一度自分の存在価値を示す試合だと思っています。一番注目が集まる試合ですし、多くの方に見てもらえる試合です。自分の存在価値を示す意味でもゴール。ゴールして、チームの勝利に貢献したいと思います。

【PV】Fリーグ2018/19プレーオフ決勝 名古屋オーシャンズVSシュライカー大阪【絶対王者VS最強挑戦者】

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami