SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2019.02.23

【入替戦プレーオフ/浜松×長野】終盤の失点でドローに終わるも「何をするかは明確」(長野 柄沢健監督)

PHOTO BY川嶋正隆

23日に駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で、Fリーグ2018/2019 ディビジョン1・2入替戦プレーオフ第1戦が行われた。F1で12位となったアグレミーナ浜松とF2で優勝を飾ったボアルース長野の一戦は、3-3のドローに終わった。

F1昇格を目指して勝利が必要な長野は、開始17秒に先制パンチを浴びせる。相手陣内右サイドで裏に抜け出した伊藤広樹が、ロングボールをダイレクトで蹴り込んでネットを揺らした。しかし直後の1分に同点とされると、その後は浜松に押し込まれる展開に。14分にも失点を喫した長野だったが、このまま前半終了かと思われた残り2秒に石関聖のボレーシュートが突き刺さり、同点で後半を迎えた。

追いついた長野は後半の入りから積極的に攻め込む場面が増える。すると23分にカウンターから阿部修兵がきっちりとGKとの一対一を決めて長野が2度目のリードを手にする。その後は浜松の裏のスペースをシンプルに使って直線的にゴールを狙っていくが、30分に痛恨の失点。試合はそのまま終了を迎え、第1戦は引き分けに終わった。

どんな相手にもやりきる3つの柱とは?

柄沢健監督(ボアルース長野)

──試合を振り返って。

F2リーグを優勝して、入れ替え戦という舞台に出させてもらいいろいろな方々に感謝しています。入れ替え戦に関しては、10回やって1度勝てるかというレベルです。それはなぜかと言えば、今のチームのベースとなっているのは昨季の北信越リーグに出場していたメンバーです。浜松は、何年もFリーグで活躍してきています。

本当に10回やって1回勝てるかがポイントでした。その中で何をしなければいけないか。F2を戦っている中でも、自分たちは上手くないと自覚して臨んでいました。そこからローテーション、セットプレーの攻撃、ボールを奪ってゴールを奪う。その3つの柱だけをどんな相手にも全力でやってきました。

基本的に浜松を相手でも我々のやるべきことはその3つで、特にボールを奪ってゴールを奪うショートカウンターへの積極的な守備。2点目のようなセットプレー。その部分は選手たちが一体感を持ってチャレンジしてくれたからです。

メンバー入りした3名は出場させることができませんでしたが、ベンチ入りした全員が自分たちの役割を果たしてくれたと思っています。そういう意味では、3-3は良かったのかなと思います。

──明日の試合に向けての修正点は?

そんなに上手くいかないことは承知しているので、明日は3-3をどう持っていくか。今シーズンを戦ってきた中で、選手たちがどれだけできるか試されていると思います。3-2でリードしたままこの試合を終えていても、明日の試合で逆転される可能性が高かったと思います。

あとは、今からの準備としてはまずリフレッシュ。明日もやることは変わらないです。基本的にはセットプレーとボールを奪ってゴールを奪うことです。今日はライン間を相手に使われていたので、そこを修正できれば迷わず戦えると思います。

また、あえて言うと、我々は勝たなければいけません。セットプレーの中でももう1つ、パワープレーをいついくのか。そこが勝負の分かれ目になると思います。

──開始17秒に伊藤選手がゴールを決めて、前半終了2秒前に石関選手がゴールを決めました。試合を演出するという共通認識を持ってプレーできていますね?

ありがとうございます。戦ってきた中で5分でシュートを決めようというものがあります。これはチーム全体の合言葉です。

また、今日はウォーミングアップが前の試合の最中だったので、いつものように声を出すことができませんでした。駒沢もホーム、リーグ戦のアウェイ戦もホーム、柏もホーム、北九州もホーム。そういう気持ちで臨んでいます。

今日は声が出せなくてみんなモヤモヤしていた部分があったかもしれません。ただ、相手が上のレベルの中で、こういう緊張感がある試合で伊藤がしっかりとゴールを決めてくれました。最後の残り2秒で石関も決めて、チームを引っ張ってきた2人が大事な試合で冷静に決めてくれたことは大きいです。

──明日は勝たなければいけない中で、リスクを負う展開になりますが?

F2リーグのホームでY.S.C.C.横浜とホームで対戦した時に負けました。そこで負けて、優勝というものよりもまずは目の前の試合。それが目の前の試合に集中できた要因になったと思います。なので、今日勝っていればいろいろな迷いが生まれたかもしれません。しかし我々はあしたの試合で勝つだけです。勝たなければ上にはいけない。何をするかは明確になっています。明確さはチームが一丸になれるものです。「何をやりますか?」(選手への語りかけは)それで良いと思っています。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami