SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
2019.02.24

【全日本選手権プレーオフ/神戸×浜田】4点ビハインドのスタートから逆転! 若いチームの成長ぶりに「これから良い選手や強い選手になっていく」(神戸 鈴村拓也監督)

PHOTO BY川嶋正隆

24日に駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で、JFA 第24回全日本フットサル選手権大会Fリーグ出場チーム決定プレーオフが行われた。F2で7位のデウソン神戸と同8位のポルセイド浜田による第2戦は、7-3で神戸が勝利した。

第1戦で0-4と大敗した神戸は、全日本選手権の出場権を獲得するために4点差以上の勝利が必要となる。すると立ち上がりの1分にキックインの流れから三村里来が決めて先制した。同点で迎えた11分にはゴール前の混戦から小村優太が押し込むと、14分には絹川雄太にもゴールが生まれて前半は3-1とリードした。

迎えた後半は開始早々の11秒に廣森宇宙のゴールで神戸が先にスコアを動かすなど、前半同様に神戸が試合の主導権を掌握。さらに27分には小村がこの日2点目を奪い、神戸がついに2戦合計で5-5と並ぶ。31分に失点して再び追いかける展開となったが、その後もゴールを重ね終わってみれば7-3。2試合合計で7-7と同点になるが、リーグ戦上位の神戸が全日本選手権への出場権を手にした。

20年のフットサル人生でもない経験

鈴村拓也監督(デウソン神戸)

──試合を振り返って。

非常に難しい状況でしたが、やるべきことを選手、スタッフ、全てが一丸となって戦えました。特に選手たちはしっかりと切り替えて試合に臨んでくれたと思います。良い試合ができました。4点差で勝つという大きな目標を達成できたのは選手たちの頑張りのお陰です。

改めて、すごい力を持っているなと感じました。若い選手が多く、経験の部分ではまだまだですが、昨日の経験も生きたのかなと。本当に素晴らしい試合でした。

──ロッカールームでは選手たちにどのような言葉を掛けましたか?

サッカー、フットサルをやってきて、特にフットサルは20年近くやってきた中で、この経験はないですね。それをさせてもらえたことに感謝しています。経験がない中でも、自分たちで頑張って、踏ん張って戦ってくれました。

ここに至るまでの準備段階でも頑張ってくれました。だからこそ、すべきこと、やるべきことは明確でしたし、それをやってくれました。フットサル選手として1年目の選手が多い中、この経験を1年目からできる彼らが、これから良い選手や強い選手になっていくということを素直に伝えました。

この経験をできたのは、チーム一丸で戦ったからこそ。良い経験をしたからこそ、謙虚に次の試合に向けて準備をしていこうとも伝えました。

──今日の結果、全日本選手権への出場権を獲得しましたが、そこに向けての意気込みを。

相手は広島で、リーグ戦では1勝1敗でした。ホームでは3-1で勝てましたがアウェイでは0-6からの1-7で敗れています。同数の成績ですし、リーグ戦では1つ上の相手なので勝って終わりたいと思っています。

フィジカル的には2試合を戦って移動もありますが、この勢いや2日間で得た経験があります。自信を持って挑みたいと思います。僕らはチャレンジャーですし、そのメンタリティでまずは広島戦に全力を出し切ることを目標に頑張ります。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami