SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.02.25

【プレーオフ決勝/名古屋×大阪】王者を最大級に追い詰めた大阪。届かなかった、2回目の優勝。「リーグ戦で競えるチームにならないといけない」(大阪 小曽戸允哉)

PHOTO BY軍記ひろし

2月24日(日)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1のプレーオフ決勝 第2戦が武田テバオーシャンアリーナで開催。第1戦で名古屋オーシャンズに3-2で勝利していたシュライカー大阪だったが、この試合は2-3で敗れ、2戦合計スコアで並んだものの、リーグ戦の順位によって2年ぶりの優勝を逃した。

大阪にとっては、引き分け以上で優勝が決まる試合だが、第1戦で守備の要・アルトゥールが負傷して、登録メンバーに名を連ねていたもののベンチスタート。相井忍をピヴォではなくフィクソに据えて、立ち上がりは守備に重点を置きながら隙を伺っていった。5分過ぎまで一進一退の攻防を繰り広げていたが、9分、セットプレーの流れから失点。さらに11分、自陣を崩されて2点目を奪われ、試合のペースを譲ってしまった。

後半、相手は守備に強いメンバーをそろえて逃げ切りを図るなかで、大阪はなかなかチャンスを作れない。すると27分に、一瞬の隙を突かれて痛恨の3失点目。後がなくなった大阪は直後から加藤未渚実をゴレイロに代えてパワープレーを開始して決定機を生み出したがゴールを奪えず。

それでも36分、左サイドから仕掛けた稲田瑞穂がゴールをこじ開けると、その11秒後には、チアゴのシュートのこぼれ球に反応した稲田が連続得点。大阪が1点を加えれば大阪、決められなければ名古屋が優勝という、1点を争う展開となると、試合は今シーズンのハイライトを迎えていた。

しかし、最後の最後までチャンスを作り、ゴールに迫った大阪だったがその1点を奪うことはかなわず。2016シーズン以来2年ぶりの悲願達成にあと一歩まで迫ったものの、王者の牙城を崩し切ることができなかった。試合後には表彰式が行われ、大阪からはアルトゥール、加藤未渚実の2人がベスト5に選ばれた。

セットプレーの失点が大きかった

比嘉リカルド監督(シュライカー大阪)

──今日の試合を振り返って。

悔しい。すごく悔しいです。プレーオフ決勝は、(第1戦を)3-2で勝って、(今日の第2戦を)3-2で負けました。いいスコアでしたが、名古屋のアドバンテージは、リーグで(2位との)勝ち点を離して1位になったこと。その差だと思います。細かいプレーのところや戦術など、チームはよく戦ったと思います。優勝するためにいいチーム目指して頑張らないといけないです。

……あまり言葉が出てこないです。選手にはすごく感謝しています。チームのフロント、スポンサーの方々にも。こうして好きなフットサルができることが嬉しいです。

──リーグ戦とプレーオフではまた違う戦いだったと思うが、改めてこの2試合で感じた名古屋の強さは?

(シュライカー大阪の)監督になってから、(昨シーズンの)全日本選手権の決勝で1-2で負けて、(開幕前の)オーシャンカップで決勝も0-3で負けました。昨日と今日の失点、セットプレーで(1点ずつ)やられています。(それ以外でも名古屋に対しては)強度の高さについていくのも、守備も難しいですが、セットプレーでの失点は大きいなと。僕らも来週から始まる選手権で勝ち上がれば準決勝で名古屋と当たる可能性が高いので、そのセットプレーのところをまずは修正しないといけませんね。

小曽戸允哉(シュライカー大阪)

──今日の試合を振り返って。

まず、名古屋オーシャンズのみなさん、優勝おめでとうございます。大阪もあと少しだったと思いますが、そこは(名古屋が1位となったことによる)リーグでのアドバンテージは大きかったと思います。リーグ戦を無敗でいかれてしまったことがすべてです。そこで競っていけるチームにならないとリーグ優勝は簡単には届かないなと。悔しいですが、このメンバーでできる最後の選手権に向けて頑張っていきたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami