SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2019.02.24

得点力不足とは? 中村友亮が明かす真相は「作ったチャンスが自分たちの狙い通りの形だったのか」

PHOTO BY川嶋正隆

アグレミーナ浜松は24日、駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で、Fリーグ2018/2019 ディビジョン1・2入替戦プレーオフ第2戦を戦い、ボアルース長野に1-4で敗戦。2戦合計4-7となり、来季のF2降格が決まった。

この2試合で1stセットとしてプレーした中村友亮。第2戦の終盤ではパワープレーでGKを務めるなど主力選手として戦ってきた。しかしチームはリーグ戦からの課題だった決定力不足を改善できず。2試合ともに多くの決定機を作り出したが、ゴールが遠く自分たちの首を絞める結果となった。

試合後、中村はまずサポーターに対して「申し訳ないという気持ちが強い」と率直な思いを吐露。その中で、決定力不足を選手としてどう感じていたのかを明かした。

浜松の降格は、3月13日に行われる理事会で長野の昇格が承認された場合に正式決定する。

3人目、4人目が絡む攻撃が出せれば

中村友亮(アグレミーナ浜松)

──今の率直な感想はいかがですか?

応援してくれている方に申し訳ないという気持ちが強いです。あとは、相手の勝ちたいという強い気持ちに負けてしまったなと思います。

──豊嶋明監督は、リーグ戦から一貫して決定力の不足が自分たちを苦しめてきたとおっしゃっていましたが、選手としてはどう感じていますか?

シーズンの当初からチームメイトとも話していた部分です。ただ、今日の試合でもそうですがチャンスに見える場面で、それが自分たちの狙った形なのかどうか。その狙いの形がシュート数に比例するかといえば疑問が残ります。

もう少し、自分たちが狙った形からシュートにいければ、セグンドに詰めるタイミングも合わせられたのかなと。行き当たりばったりというか、ボールを奪ってから1人、または2人で攻める場面が多かったように思います。

それでシュート数は稼げます。そこに3人目、4人目が絡むことができればもう少し決められたのかなと感じています。

──3人目、4人目の意思の疎通はまだできていなかったということですか?

前に出ていく選手が少ない印象です。ボールを奪って前に運べる選手が1人、2人に対して、バランスを見ながらプレーする選手が多かったのかなと思います。自分たちがボールを持っているときに、もっとリスクをかけてもよかったと思います。

──昨日を引き分けで終えて迎えた第2戦でしたが、どのような意気込みで臨まれましたか?

僕たちは引き分けでも残れる状況でしたが、1戦目は忘れて勝ちにいこうと話していました。その気持ちはみんなが統一して持つことができていました。その中でも先制点が大事になると思っていた中で、先に相手に取られたことでバランスとリズムが崩れたと思います。

──2試合を通して追いかける時間が長かったですが、メンタルの部分ではリーグ戦以上にタフなものでしたか?

正直に、昨日は最初に取られても、2試合あるので慌てていませんでした。ただ、今日は取られたタイミング。後半に取られてしまったので、取り返さないとという気持ちが焦りにつながりました。

──来季はF2での戦いとなります。その中で目指すべきは1年でのF1復帰だと思いますが?

僕も長い時間出させてもらっている中で結果を残すことができませんでした。そこについてはとても責任を感じています。落ちたとしても、1年で戻れるようにやり直す。その良い機会だと感じています。

──昨日からサポーターは必死に声援を送り続け、試合後もチャンとは止みませんでした。

東京でやった試合なのに、この2日間にこれだけ応援にきてくれました。選手としては本当にありがたいことですし、その人たちに「あの応援があったからこそF1に残れた」というところを見せたかったです。今は申し訳ない気持ちでいっぱいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami