SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.03.09

【全日本選手権準決勝/名古屋×大阪】大阪を打ち破り2年連続3冠は目の前に「最高の仲間と最後に結果を出したい」(名古屋 西谷良介)

PHOTO BY軍記ひろし

3月9日、JFA 第24回全日本フットサル選手権大会準決勝が駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場で行われ、名古屋オーシャンズはシュライカー大阪に3-2で勝利した。

プレーオフファイナルの再現となった準決勝、均衡を破ったのは名古屋だった。12分に高い位置で西谷良介がボールを奪いパスを受けたヴァルチーニョのシュートで先制。一進一退の攻防を続けながらも前半はこのゴールのみで1-0で試合を折り返す。

1点リードで迎えた後半23分、コーナーキックからルイジ―ニョがシュートを放ちファーサイドにいた西谷が詰めてゴール。さらに24分にも西谷がゴールを決めて3点差とし、大きく差をつけたかに思えた。しかし25分のペナルティエリア付近でFKを与えてしまいこれを直接決められ2点差に。

さらに27分にはコーナーキックから失点を許してしまい余裕を持った展開から苦しい展開へ。追いつきたい大阪は残り3分からパワープレーを開始。猛攻されながらも1点のリードを守り切った名古屋が苦しみながらも勝利。

明日の15時に行われる決勝戦へと進み、2年連続国内3冠に王手をかけた。

以下、ミックスゾーンでの西谷良介のコメント

明日に向けていい準備をするだけ

西谷良介(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

シュライカーが少ない人数で(セットを)回していることもスカウティングでありましたし、強度でも自分たちが主導権を握ってやれると想定して試合に入りました。自分たちが主導権を握りながら先行できたので試合を通して想定通りでした。でも、プレーオフから続いていて彼らのタフさは思い出させられました。

大阪はパワープレーの質も高いですけど、ほかの部分でも監督がスカウティングして(それを踏まえて)試合前にもみんなで濃いミーティングをしていたので僕はパワープレーの守備には入っていませんでしたけど安心して外から見ることができました。

──自身の2ゴールについて。

2点目はコーナーキックは「前半のコーナーキックとは少し違う形でやってみよう」と。前半を振り返って自分なりに「これはやっていないな」というのをやってみて、ルイジ―ニョからいいボールが来ました。練習からやっていましたし練習通りの結果だと思いますし、自分が考えたゴールが決まって自分の中でもすごく自信になりました。

3点目に関しては、相手が迷いながらプレーしているのが伺えたのでプレスの強度を考えて「ここだな!」というところで体が反応しました。でもあのゴールは僕のゴールというよりルイジ―ニョのゴールですけどね(笑)。

──リーグ戦の序盤はなかなか得点が決められなかったが今日は2ゴールを奪った。

振り返ってみて、「相手の脅威になれてないな」と。リーグの序盤から充実感だったり達成感がなくて、そこはゴールにベクトルを向けて味方を使いながらプレーできれば本来のプレーの感覚に戻ってきました。自主的に練習していたことが形になってきているので本質を突いてプレーできているなという感覚が出せてきているからだと思います。

──出場時間が長かったがフィジカル面での問題は。

でもそれはどこチームでも同じです。出たくても出られない選手、(八木)聖人に関してもそうですし昨日退場になってしまったペピータもそうですし、高見(政顕)も絶対にこのピッチに立ちたいと思っているはずなのでそういう想いを背負ってプレーしているので弱音は吐いていられない。しっかり明日に向けていい準備をするだけです。

──明日勝てば3冠を達成。

シーズンを通して自分たちは試合に優劣を付けずに取り組んできたことの結果だと思いますし、それをやり通すことが今シーズン自分たちが示した結果に繋がってくると思う。目の前の相手を倒すことだけに集中して、タフな日になると思いますけど集中して臨みたいです。

自然にモチベーションは上がると思いますし、固くなりすぎず決勝の舞台を楽しんで最高の仲間と最後に結果を出したいなと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami