SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2019.03.09

【全日本選手権準決勝/立川・府中×仙台】4ゴールに絡む活躍で決勝進出へ大きく貢献したジョー。「得点王よりも優勝することしか考えていない」(立川・府中 ジョー)

PHOTO BY軍記ひろし

3月9日、JFA 第24回全日本フットサル選手権大会準決勝が駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場で行われ、立川・府中アスレティックFCはヴォスクオーレ仙台に5-4で勝利した。

試合は開始2分にクロモトのスローを皆本晃が受けてその折り返しをジョーが決めて先制。9分にもジョーが追加点を決めて2点リードする。しかし10分に失点し、14分にも失点。16分にも高い位置でボールを奪われて3失点目。

22分にはジョーが中央から右足を振り抜きネットを揺らす。さらに32分には渡邉知晃ドリブル突破からの中央へのパスを引退を表明している岡山洋介が詰めて4点目。残り51秒に相手のパワープレーから失点して1点差に。それでもリードを守り切った立川・府中がFリーグ参入後初の全日本選手権決勝へ進出を決めた。

明日は普段より気合を入れないといけない

ジョー(立川・府中アスレティックFC)

──試合を振り返って。

勝利できて非常にうれしいです。厳しい展開の中、逆転されて難しい試合でしたが後半は1点ずつ積み重ねてアドバンテージを作ることができました。最後は必死に守って決勝へ進むことができたのですごくうれしく思います。

──今日のような試合でなにが重要になるのか。

準決勝で一番大事なのはモチベーションです。戦術より心で戦うことが大事なのでみんなで盛り上げることを意識していました。

──チームの戦術や日本のフットサルにどれだけ順応したか。

最初、慣れることは難しかったです。戦術だけではなく日本のフットサルに慣れることにも苦労しました。日々積み重ねたものがものになって(ゴールという)結果になりました。僕自身、日本人のような速さはないと思っているのでその代わり頭の回転の速さでカバーしようとしました。

──外国人選手からは「日本はバタバタしていて速い」と言われますがジョー選手はどんな印象を抱いていますか。

バタバタというよりも、日本の質の高さに驚きました。スピードと質も高いと思っています。

──ゴールを量産している秘訣は。

シーズン途中から入団してみんなに合わせないといけませんでした。時間はかかりましたが一人ひとりに合わせてプレーできるようになりました。僕らのセットはピヴォが中心なので3人にパスをもらえるように一人ひとりのタイミングや特徴を考えてプレーしています。(パスを受けた後にも)どうやって味方に繋ぐかを意識しています。

──改めて自分の一番の持ち味は。

認知力や状況判断力ですね。決断の速さと質が持ち味だと思っています。あと、決定力にも自信があるのでキーパーをしっかり見てキーパーの対応に応じて相手の嫌がることを狙っています。

──チームの優勝が懸かっていますがご自身の得点王も懸かっています。

得点王はあまり意識していません。優勝することだけしか考えていないです。どんな大会でもその意識でプレーしています。

──明日戦う名古屋オーシャンズの印象は。

名古屋はシーズンを通して1度しか敗れていません。でも、ダークホースとして1試合でも奇跡を起こす可能性はありますのですべてを尽くしていきたいです。

──名古屋に勝つために何が必要か。

いつも以上ことをしないと勝てないです。普段より気合を入れて特別なことをしないといけません。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami