SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
2019.03.13

昇格戦を制したボアルース長野のF1参入が正式に決定!

PHOTO BY川嶋正隆

Fリーグ(日本フットサルリーグ)は13日、第7回 Fリーグ実行委員会にてボアルース長野のF1昇格を承認した。

昇格が正式に決定

今季に創設されたF2リーグで優勝を果たした長野は、2月23日、24日に行われた「Fリーグ2018/2019 ディビジョン1・2 入替戦 プレーオフ」でF1で12位だったアグレミーナ浜松と対戦。1戦目は3-3の引き分けに終わるも、2戦目を4-1で勝利し、2試合合計7-4で勝利していた。

しかしF1昇格は13日に行われる理事会で審議されるとのことで、あくまでもプレーオフに勝利して“昇格権利”を獲得したのみとなっていた。

今回Fリーグはリリースで「Fリーグクラブライセンス基準に基づき審議を行いました。その結果、ボアルース長野のFリーグ ディビジョン1参入が決定いたしました」と発表している。

2019/2020シーズンのFリーグの編成は以下の通り。

■Fリーグ2019/2020 ディビジョン1
エスポラーダ北海道(北海道)
ヴォスクオーレ仙台(宮城県)
バルドラール浦安(千葉県)
フウガドールすみだ(東京都)
立川・府中アスレティックFC(東京都)
ペスカドーラ町田(東京都)
湘南ベルマーレ(神奈川県)
ボアルース長野(長野県)
名古屋オーシャンズ(愛知県)
シュライカー大阪(大阪府)
バサジィ大分(大分県)
Fリーグ選抜

合計12チーム

■Fリーグ2019/2020 ディビジョン2
トルエーラ柏(千葉県)
Y.S.C.C.横浜(神奈川県)
ヴィンセドール白山(石川県)
アグレミーナ浜松(静岡県)
デウソン神戸(兵庫県)
広島エフ・ドゥ(白島県)
ポルセイド浜田(島根県)
ボルクバレット北九州(福岡県)

合計8チーム

▼ 関連記事 ▼

Bitnami