SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
2019.03.17

立川・府中アスレティックFCの元日本代表FP渡邉知晃が順天堂大学院に合格! さらにオンラインサロンを開設へ

PHOTO BY軍記ひろし

立川・府中アスレティックFCの元日本代表FP渡邉知晃(32)が順天堂大学のスポーツ健康科学部大学院スポーツ健康科学研究科の博士前期課程の試験に合格したことを発表した。

来季は2足のわらじか?

昨季は33試合45ゴールで得点王に輝いた渡邉は、今季も33試合21ゴールをマークするなど立川・府中のスコアラーとして活躍。しかしチームは、リーグ戦で3位となるもプレーオフ準決勝でシュライカー大阪に敗戦。全日本フットサル選手権でも決勝まで勝ち進むが、名古屋オーシャンズの前に敗れていた。

渡邉は3月10日にツイッター上で「今後のことはまた報告させて頂きます」と報告。15日に「この度、順天堂大学スポーツ健康科学部大学院スポーツ健康科学研究科博士前期課程の試験に合格致しました」とツイートしている。

順天堂大出身の渡邉はこれによって母校に戻ることが決定。来季の選手契約については正式な発表がなされていないが、選手と大学院生として活動していくのかもしれない。

なお、渡邉は17日に自身のオンラインサロンを開設したことを発表。「このオンラインサロンを立ち上げるきっかけは、まだまだメジャースポーツとは言えないフットサルという魅力ある競技を広めていきたい、盛り上げていきたい、いろいろな可能性を探っていきたいという思いからです。同時に「渡邉知晃オンラインサロン」という1つのコミュニティを作り、コミュニティを通して「楽しい」をコンセプトにした様々な取り組みを提供していきたいと思います」と意気込みを語った。

なお、オンラインサロン参加者へのリターンとして、下記が用意されているようだ。

・会員限定記事の公開

・試合情報、試合後の総括の配信

・会員限定フットサルクリニック開催

・年1回の交流食事会(東京都内開催予定)

・ホームゲームの優待券配布

・会員限定のプレゼント企画

・参加型イベントの開催

・ゴール動画解説の配信

・会員限定グッズ販売

・非公開のFacebookグループへご招待

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami