SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.03.18

【移籍情報】F2優勝&F1昇格に導いたボアルース長野の柄沢健監督が勇退しコーチへ「皆様に感謝」

PHOTO BY川嶋正隆

ボアルース長野は18日、柄沢健監督の勇退とコーチ、セカンドチーム監督就任を発表した。

異例の優勝監督からコーチへ

2017シーズンからチームを指揮してきた柄沢監督。2018/2019シーズンから新設されたF2リーグに参戦すると、チームを優勝に導いた。さらにF1昇格プレーオフではアグレミーナ浜松に勝利し、F1昇格を決めた。

クラブの発表によると、退任は柄沢監督自身からの申し出とのこと。さらに新シーズンからはトップチームのコーチとセカンドチームの監督に就任するようだ。

以下はクラブからのリリース。

柄沢健監督が2018シーズンをもってトップチーム監督を勇退することとなりましたのでお知らせいたします。

柄沢監督は2017年から2シーズンにわたって指揮を執り、今シーズンはF2リーグ優勝とF1昇格を成し遂げました。この度の退任は、柄沢監督自身からの申し入れもあり、クラブで協議した結果、本人の意思を尊重し今シーズンでの退任となりました。

今後はトップチームコーチとして、そしてセカンドチーム監督としてクラブを支えていただきます。

柄沢 健(カラサワ タケシ)監督プロフィール
■氏名:柄沢 健(カラサワ タケシ)
■生年月日:1973年3月30日(45歳)
■経歴

【選手歴】
◇東海大学第三高等学校(現東海大学附属諏訪高等学校)
◇日精樹脂工業(株)サッカー部
◇BANFF FUTSAL CLUB

【指導歴】
◇BANFF FUTSAL CLUB監督
◇薔薇/青木固研究所(株)フットサルクラブ監督
◇ボアルース長野監督

【資格取得歴】
◇ブラジルサンパウロ州フットサル連盟ライセンス
◇JFAフットサル公認B級
(JFAフットサル公認A級ライセンス取得中)

【柄沢健監督コメント】
いつもボアルース長野にご支援、ご声援をいただき誠にありがとうございます。

この度ボアルース長野フットサルクラブトップチーム監督を退任する決断をいたしました。

自分の意思で退任することを受け入れてくだいました社長をはじめクラブ関係者の皆様に感謝申し上げます。

微力な私が、2年間の監督業に専念する事が出来ましたのは、ひとえに皆様のご指導ご支援のおかげと、心から感謝申し上げる次第でございます。

今後は、トップチームコーチ、セカンドチーム監督として微力ではございますが、トップチームの底上げをはかるためにも育成年代を強化し、クラブ発展のため努力してまいる所存でございます。

今後とも、相変わりませずご指導ご支援のほどをよろしくお願い申し上げます。

平成31年3月18日
ボアルース長野フットサルクラブ
トップチーム監督 柄沢 健

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami