SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2019.05.12

湘南ベルマーレが2019/2020シーズンに向けたキックオフパーティーを開催! 新加入選手らが意気込みを語る

PHOTO BY川嶋正隆

湘南ベルマーレは12日、2019/2020シーズンに向けたキックオフパーティーを実施した。

パーティーでも奥村監督らしさが炸裂!

後援会が中心となって開催された今回のイベント。会場には行政やスポンサーの方々をはじめ、多くのファンやサポーターも集まった。そんな中、第1部では株式会社小田原スポーツマーケティングの古川剛士CEO、テクニカルダイレクターの阿久津貴志氏、奥村敬人監督、トップ登録選手たちが登壇。

古川CEO、阿久氏、奥村監督、キャプテンを務める鍛代元気の挨拶、新加入選手のマルロン、山﨑歩夢、飯田千馬らの順でそれぞれ挨拶を実施。さらに来賓の3市8町の代表者が登壇して挨拶を行うなどキックオフパーティーの第1部は進んでいく。

第2部では選手たちを囲んだ懇親会がスタート。この日配られたサインブックを持った子供たちが選手に駆け寄りサインを求めて長蛇の列に。そのほかのサポーターたちも選手を囲んで、会話を楽しんだ。

第2部終盤にはビンゴ大会も実施。最後には参加者全員が肩を組んで「ベルマーレ・ビッグウェーブ」を熱唱。新シーズンに向けて、クラブ、行政、スポンサー、ファン、サポーターが一致団結する貴重な日となった。

奥村敬人監督

「(最初挨拶でマイクを持つなり、いきなり中島みゆきの糸を歌い始める。会場からは手拍子。)なぜめぐり逢うのかを私たちは何も知らない。いつめぐり逢うかを私たちはいつも知らない。どこにいたの。生きてきたの。遠い空の下二つの物語。縦の糸はあなた。横の糸は私。織りなす布はいつか誰かを暖めうるかもしれない

ご静聴ありがとうございました。今シーズンも監督を務めさせていただきます奥村です。この後、新入団選手やキャプテンが挨拶するため緊張すると思い、僕が飛び込みました(笑)。

この湘南ベルマーレフットサルクラブを通じてできたご縁というものを大切に。地域の方々や皆さんと1戦、1戦を共に戦って、必ずプレーオフに戻る。優勝して、この小田原で優勝パレードをする。この目標を持って全員んで一丸となって戦いたいと思います。今シーズンもよろしくお願いします」

鍛代元気キャプテン
「監督に場を温めてもらったのですごく話しやすいです(笑)。僕は本当に幼い頃から湘南ベルマーレの応援に行っていました。そういう生活をしていた中で、今この場に立つことができて本当に幸せに感じています。

今年からエンブレムが統一されます。フットサルだけでなく、ベルマーレとして大事なシーズンにキャプテンを任せていただいたことは光栄であるとともに、大きな責任を感じています。

先日、Fリーグのキックオフカンファレンスに出席してきました。そこの意気込みで「日本一のクラブになる」と言ってきました。ただ単に試合に勝つだけではなく、僕らが優勝を目指して戦う以外にもサポーターの方たちの力だったり、ここにご来場いただいている方たちの力、全てを含めてFリーグで一番のクラブになろう、そうなっていきたいと思っています。

その目標に向かっていく大事なシーズンに、ここにいるみんなと一緒に戦っていきます。選手としてだけでなく、一人の人間として本当に成長したシーズンだったと言えるように。そういうシーズンにしていきたいと思うので、是非よろしくお願いします」

山崎歩夢(昇格選手)
「こんにちは。ロンドリーナから昇格しました山﨑歩夢です。松田町出身の初のFリーガーということで、今まで以上に責任を持って頑張っていきたいと思います。また、ロンドリーナジュニアユースの一期生として、後輩たちが憧れるような活躍をしたいと思います。応援よろしくお願いします」

飯田千馬(昇格選手)
「こんにちは…(マイクがオフになっており会場が笑いに包まれる)。こんにちは! ロンドリーナより昇格しました飯田千馬です。僕は中学生の時にジュニアユースに入団し、ユースに昇格しました。入団してからの8年間はホームゲームの設営をしていました。Fリーグを間近で見ていて「僕もいつかあの舞台に立ちたい」と思いながら8年を過ごして、ようやくこの舞台に立てることを嬉しく思います。今まで育てていただいたクラブ、地域に少しでも貢献できるように、感謝の気持ちを持って戦いたいと思います。よろしくお願いします」

マルロン(新加入選手)※通訳:鍛代元気
「ミナサンコンニチハ。ワタシハブラジルジン、マルロンセンシュ(選手)デス。ヨロシクオネガイシマス。コレカラポルトガルゴ、スミマセン。ここに立つことができて嬉しく思っています。湘南ベルマーレというクラブにはとても良い印象があります。自分ができることを最大限出して、チームの目標を達成できるように頑張りますので、よろしくお願いします」

※山崎選手、飯田選手、マルロン選手の独占インタビューは13日に掲載予定

▼ 関連記事 ▼

Bitnami