SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.05.18

横江のゴラッソで先制も結果は4点差で敗退……。「集中力や試合の流れを読む力をつけなければいけない」(町田 ルイス・ベルナット監督)

PHOTO BY軍記ひろし

5月18日、Fリーグオーシャンカップ2019の準決勝・ペスカドーラ町田対名古屋オーシャンズが武田テバオーシャナリーナで行われ3−7で敗れた。

前回王者との対戦になった町田は7分にコーナーキックを獲得。滝田学の浮かせた球を横江玲がジャンピングボレーで叩き込みゴラッソを決める。しかし14分に今度は町田がコーナーキックから失点を許してしまう。

さらに15分にも失点を喫し、良い流れから一転してビハインドで試合を折り返す。後半は23分と24分に立て続けに失点。3点差にまで引き離されるが25分に菅谷知寿がカットインから右足を振り抜きシュートを突き刺す。それでも町田は34分にセットプレーから森岡薫が決めて点差を縮めたが36分44秒と36分52秒に連続失点。2点差から4点を追う展開に。試合はこのまま終了し、町田は明日の3位決定戦へ回ることになった。

チームはまだ組み立てている段階

ルイス・ベルナット監督(ペスカドーラ町田)

──試合を振り返って。

目の前の強敵を相手にできたと思っています。少しでも相手のボールを奪ってに苦しませることを心がけたました。実際、それができた時間帯もありましたけど結果の違いはゴール前の10メートル付近で上手だった。ウチとしてはまだ組み立てている段階です。そういう意味では選手たちに勇気持って戦えたこと、ビビることなく試合したことを褒めたいです。ただ、相手のスコアに追いつこうとする段階でこちらがミスをしてしまい離されてしまったミスは直さなければいけない。そういう意味ではそこの集中力や試合の流れを読む力をつけなければいけないのかなと思います。もちろん、3試合目で疲れもあり集中が切れるところもありましたけどここ3試合、少ないメンバーで戦ってきたこともあったので疲れが見えたのではないかと思います。

森岡薫(ペスカドーラ町田)

──試合を振り返って。

今の名古屋を見ても得点力が変わらずあるチーム。少しでも試合運びを上手くやろうとしていましたが、監督が言った通り相手に近づこうとすれば離されてしまいました。試合の流れを読む力がまだ足りない部分もある。ただ、監督が来てまだ1ヶ月でここまで来れてているのも選手が頑張ったから。まだまだリーグもありますし、これから成長が楽しみだと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami