SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.05.19

2点を先制したが結果は6-10で敗戦……。「チームに戦う気持ちが足りなかった」(立川・府中 渡邊知晃)

PHOTO BY軍記ひろし

Fリーグオーシャンカップ2019の3位決定戦が武田テバオーシャナリーナで行われ立川・府中アスレティックFCはペスカドーラ町田に6-10で敗れた。

前半3分、先制したのは立川・府中の方だった。内田隼太が蹴ったコーナーキックを新井裕生が流し込み試合を有利にする。そして13分にまたもコーナーキックから渡邊知晃が決めて2点リードに。このままさらに突き放したいところだったが14分に失点。16分、18分にも決められてしまい気付けば2-3で逆転されてしまう。19分にゴール前の混戦を最後はジョーが押し込んで同点とするが、残り56秒にまたも失点し、3-4と1点のビハインドで前半が終了する。

しかし後半の22分に渡邊のミドルが決まり4-4の同点に。逆転を図る立川・府中だったが28分に今度は失点を喫し、再び追う展開に。さらには28分57秒と29分7秒に失点を重ねてしまい、36分には5つ目のファウルを犯してしまう。このタイミングで山田マルコス勇慈監督がタイムアウトを取り、パワープレーを開始。37分にマルキーニョのシュートがセグンドにいたジョーに当たって入りゴール。38分にカウンターから失点するが39分に渡邊知晃が決めて6-8に。しかしその後、パワープレー返しで2点を失い4点差での敗戦となった。

流れを逆にコントロールされてしまった

山田マルコス勇慈監督(立川・府中アスレティックFC)

──試合を振り返って。

最初、流れを掴んで点差をつけれたが相手が試合に変化を与えて逆に流れを掴まれ僕らがコントロールできなかったことが大きな課題だと思っています。後半は追いかける状態で精神的にはバランスを取れず最後はパワープレーで点差が開いて本当に悔しい結果になってしまいました。そこは開幕戦に向けていい準備ができるように反省していきたいと思います。

渡邊知晃(立川・府中アスレティックFC)

──試合を振り返って。

特に言うことはないです。見てのとおり完敗ですし、一人ひとりが目の前の相手に勝ったり戦う気持ちを出さないと勝てないと思います。そういう部分がウチのチームには足りないなという感想です。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami