SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
2019.05.25

【F1第1節/すみだ×北海道】ガリンシャの“令和初”ハットトリックを含む6得点!「“誰か”ではなく“自分が取る”姿勢が出せた」(すみだ 諸江剣語)

PHOTO BY軍記ひろし

5月25日(土)にFリーグ2019/2020 ディビジョン1が東京都・駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で開幕。Fリーグは2007年の創設から13年目のシーズンに突入した。記念すべきオープニングマッチに登場したフウガドールすみだは、エスポラーダ北海道6-0で大勝を収めた。

立ち上がりから主導権をつかんだすみだは7分、中央の渡井博之から左サイドでパスを受けた田口元気が中にパスを送ると、フリーで走り込んだガリンシャが確実に決めて先制。新シーズンのメモリアルゴールが生まれ、すみだはさらに勢いを加速していった。12分に再びガリンシャ、13分にCKから渡井がミドルシュートを決めて3-0。17分には、田村佳翔がゴール前で合わせて大量リードで試合を折り返した。

後半も先手を奪ったすみだは28分、1点目と同じ渡井、田口、ガリンシャの息の合った連係から最後はガリンシャ。リーグ戦における〝令和初のハットトリック〟が誕生した。すみだは29分にも丹羽脩人が決めて6-0。32分から相手がパワープレーを始めたもののきっちり守り切って試合は終了。

すみだは大量6得点、無失点と、開幕戦で幸先の良いスタートを切った。

プレーオフに行くにふさわしいプレーを続けていく

須賀雄大(フウガドールすみだ)

──今日の試合を振り返って。

昨シーズン明確になった自分たちに足りないポイントは得点力でした。1戦1戦が決勝戦と思って挑もうと話していたので、最初に取るかどうかがすべてでした。そういうそういう緊張感の中で練習をしてきましたし、そのプレッシャーに耐えられる選手がそろっているので、プレッシャーをプラスにして結果を出してくれました。残り32試合、これを続けていくことがうちの使命です。3位以内に入ってプレーオフに絶対に行けるように。まずは、プレーオフに行くにふさわしいプレーを続けていきたいと思います。

──1stセットの連係がすごく噛み合っていましたように思います。選手のコンディションも良いようですが、どのようにメンバーを組んできたのでしょうか。

選手それぞれのストロングポイントをピッチ上で掛け算にできるかどうかが監督の仕事です。それがすごく噛み合っているのが(ガリンシャ、宮崎曉、田口元気、渡井博之の)1stセット。コンディションももちろんですが、ゴレイロも含めて噛み合っていたことがそのセットになった要因です。それぞれの役割を全うできていました。渡井のピヴォ当てはリーグ屈指だと思いますし、宮崎が(ピヴォに入った瞬間)そこに動く絡みもダイナミック。田口が外から狙うバランスも良いですし、今は全員がゴールに向かっていて素晴らしいですね。岡村(康平)も栗本(博生)もメンバー外です。コンディションで選ぶことができないくらい、いい状態で試合を迎えてくれたと思います。

──新加入のデネルが短時間出て、下がってしまうことが多いようだったが。

基本的に、今日は(3つの)セット交代で(1、2セットが長めに出場し、3つ目のセットが短めの出場で回しながら)、後半の中盤くらいからセットを崩していきました。基本はセット単位になります。チーム内の争いは個人でもあるし、グループでもあって、僕は「ユニット」の考えを強くイメージしています。試合までのトレーニングで競争があり、そこでしっかりプレーできたら長い時間プレーできますし、できなければプレー時間が短くなります。うちはアップダウンが激しく、長時間プレーするのが難しいプレーモデルでやっています。長い時間ピッチに立つのは、パワープレーか最後の守備の局面でない限りないということが理由です。

諸江剣語(フウガドールすみだ)

──今日の試合を振り返って。

最初から最後まで、ピヴォをうまく使って、自分たちがやりたいフットサルを最後までできていました。誰かではなく自分が取るという、ゴールに向かう姿勢が出ていたので、僕らにとってこれ以上ない開幕戦だったと思います。

▼  ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami