SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.05.25

【F1第1節/F選抜×仙台】今季の仙台は一味違う! クラブ史上初の開幕戦勝利に手応え「これを32試合続けていきたい」(仙台 堀内迪弥)

PHOTO BY軍記ひろし

5月25日にFリーグ2019/2020ディビジョン1が東京の駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で開幕。ヴォスクオーレ仙台はFリーグ選抜と対戦し、3-1で勝利した。

第2試合では、昨シーズンを9位で終えた仙台が登場。ストーブリーグで大型補強を行うなど期待値が高い中で迎えた開幕戦で、開始5分にセットプレーの流れから加藤翼の移籍後初ゴールで幸先よく先制した。

その後は同点とされて前半を終えるが、後半も仙台ペースで試合が進むと21分に内野脩麻、堀内迪弥と繋いで最後は、森村の移籍初ゴールとなった。29分には、昨シーズンの日本人得点王である堀内が鮮やかループシュートで追加点。試合終盤はFリーグ選抜のパワープレーに危ない場面を作られたが、そのまま試合をクローズし新シーズンを白星でスタートした。

期待値の高さを結果で証明

ホセ・フェルナンデス監督(ヴォスクオーレ仙台)

──試合を振り返って。

全体的に見ると良い試合でした。相手チームも素晴らしく、うまく、若い選手が多いチームです。全員が相手を怖がらないで、アグレッシブに前から強くくるチームでした。最初はその戦い方に難しさを感じましたが、後半になって修正して、もっと良いプレーをすることができるようになりました。

ボール持っていても、持っていなくても良いプレーができたと思います。目標としていた勝ち点3を取ることができましたし、そのことを嬉しく思います。

──後半の修正点を具体的に?

2点あります。攻撃と守備です。まず守備の部分では、自分たちのプレッシャーの部分ですね。前半はプレスがうまくかかっていませんでした。もう1つはボールを持っている時。スカウティング映像を見て、相手の狙いもわかっていた中で、それ以上に前から強くきていたので、自分たちのコンセプトを少し変えてやりました。変化させたことで良い試合の流れになりました。

──就任以降、具体的な目標を挙げてきたが、今シーズンの目標は?

仙台の順位に対する目標はありません。毎試合勝ち点3を取りに行くつもりです。リーグ戦が終わった段階で、良かったか悪かったかを見ることができます。

当然、リーグのトップにいきたいと思っています。ただ、いつも言っていますが、仙台というチームがどこからスタートしたのか。そしてどこまでいきたいのか。順位は上を目指してやりますが、そこだけではなく、選手たちがもっとフットサルを知るために、私は教えていきたいと思います。

たとえ選手がヴォスクオーレから離れることになっても、私との良い思い出、教えてもらったことを使ってもらいたいと思います。

堀内迪弥(ヴォスクオーレ仙台)

──試合を振り返って。

初戦を勝てたことは非常に良かったと思います。Fリーグ選抜は勢いがあるチームだと思っていたので、前日に全員で最悪の想定もしていました。その時にどう立ち直るかの対策をしていて、全員がそれを意識して1試合を戦えたので良かったです。

また、クラブとして開幕戦勝利がなく、その中で初めて勝利できたことはとても良いことだと思います。残り32試合、これを続けて結果を残していきたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami