SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.05.26

【F1第1節/立川・府中×大分】プレーオフ目指す大分が開幕戦で立川・府中に快勝!「まだ噛み合っていないが結果が出たことはチームにとって前向き」(大分 白方秀和)

PHOTO BY軍記ひろし

5月26日(日)、Fリーグ2019/2020 ディビジョン1の開幕セントラルが東京都・駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われた。第1試合となったバサジィ大分は立川・府中アスレティックFCに4-1で快勝した。

開始8分、レイチの先制弾で試合が動く。田村龍太郎がボールを奪うとカウンターを仕掛け、最後は右サイドにいたレイチがシュートを叩き込む。その後、大分は積極的に仕掛け優位に試合を運ぶが前半残り3分を切ったところでコーナーキックから失点。同点で試合を折り返す。

後半は31分14秒に森洸がゴールを決める。さらに同41秒には小門勇太がキープで相手を引きつけ最後は仁部屋和弘がネットを揺らし1分の間にスコアを3-1とする。

試合は残り4分となったところで立川・府中がパワープレーを開始。それでも、猛攻をしのぎ残り21秒に仁部屋がボールを奪い、無人のゴールへ得点を決めて勝負あり。大分がシーズン初戦を勝利で飾った。

今シーズンはクオリティの高い選手がたくさんいる

伊藤雅範監督(バサジィ大分)

──今日の試合を振り返って。

まだ冷静になって試合を振り返っていないのでなかなか公式の場で言えることが見つからないですが、相手が本調子ではないなと。オーシャンカップの疲れがあると感じました。なので今日の結果が、立川・府中との正しい差ではないと捉えています。彼らの方が力があると思っていますから、次の対戦のときに上回れるようにしっかり準備して上回れるようにしたいと思います。

──ベンチ入りした選手全員がほぼ均等に力を出し切った。コンディションが上がっているように感じるが。

オーシャンカップの初戦が、チームとして初めて全員がそろったゲームでした。今シーズンはクオリティの高い選手がたくさんいます。正直に言うと、まだどういう戦いをすべきかを模索しています。選手は素晴らしい姿勢を見せて戦っているので、今日は全員で戦いたいなと思って使いました。

白方秀和(バサジィ大分)

──今日の試合を振り返って。

内容とかいろいろとありますが、チームはプレーオフ出場が目標なので、それを踏まえるとこの勝ち点は大きいです。まだ噛み合っていない部分はありますがそういう中で結果が出るというのはチームにとって前向きなこと。次の試合に向けて今日みたいにみんなで戦って結果を残したいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami