SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
2019.05.26

【F1第1節/大阪×町田】2度追いつかれるも最後は引き離しオーシャンカップの雪辱晴らす「町田戦の悔しい気持ちを思い出して臨んだ」(大阪 比嘉リカルド監督)

PHOTO BY軍記ひろし

5月26日(日)、Fリーグ2019/2020 ディビジョン1の開幕セントラルが東京都・駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われた。第3試合でシュライカー大阪はペスカドーラ町田と対戦し、4-2で勝利した。

先に行われたオーシャンカップ3回戦でも対戦した両チーム。1-1で迎えたPK戦で敗れた大阪は、リーグ初戦でその雪辱を晴らすチャンスを得た。すると3分、GK檜山昇吾のクリアランスを左サイドで受けた小曽戸允哉が、飛び出した相手GKとの入れ替わり側にワンタッチシュート。これがゴールネットを揺らして大阪が先制した。

その後は町田にペースを握られるもリードして試合を折り返す。21分に一時同点とされたが、直後の22分に中央を持ち上がった稲田瑞穂、右の今井翔とつなぎ、最後は左でフリーとなっていた小曽戸がこの日2点目を奪って勝ち越す。

試合も終盤に差し掛かり、37分にオウンゴールから同点とされてしまった大阪だが、直後に相井忍が放ったシュートのこぼれ球を、昨シーズンはFリーグ選抜でプレーしていた齋藤日向が押し込み、大阪が3度目のリード。さらに38分には加藤未渚実が第2PKを決めて勝負あり。大阪がオーシャンカップの雪辱を晴らした。


悔しい気持ちが強気につながった

比嘉リカルド監督(シュライカー大阪)

──今日の試合を振り返って。

昨シーズン、町田に3回引き分けていて、先日のオーシャンカップでもPK戦で負けて、そういう悔しい思いを思い出してきました。いつも町田戦はタフな試合になることが多い中、それを分かった上で試合に臨み、それが強気に繋がりました。(勝てて)嬉しいです。

──齋藤選手がFリーグ選抜から戻ってきて、今日は決勝ゴールを奪いました。

嬉しいですね。あの状況は追いつかれていましたし、残り3分でした。立ち直って、点を取りたいという状況でとってくれた。そこに成長を感じました。永島天太選手、仁井貴仁選手もそういう気持ちで毎試合に臨んでいます。それを続けていくとそろそろ点をとってくれると思っています。

田村友貴(シュライカー大阪)

──今日の試合を振り返って。

オーシャンカップもPKで負けていて、この試合に対する準備は100%ではなかったですが、選手たちがやるべきことをやった結果が勝利につながったと思います。

──森岡選手とやりあっている場面が多く、手応えを感じる部分が多かったのでは?

監督から薫さんにつけと言われていました。ほとんどの時間でマッチアップしろと聞いていました。相手のキーマンを潰す意味では、100%ではないですが、ほとんどできたと思っています。イライラさせるのも1つの方法で、そこから第二PKがもらえたのも良かったと思います。

▼ 関連記事 ▼

Bitnami