SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.05.26

【F1第1節/大阪×町田】開幕戦黒星も攻撃的な戦いを見せた新生・町田。「最後まで戦い、力を尽くした選手に大きな拍手を送りたい」(町田 ルイス・ベルナット監督)

PHOTO BY軍記ひろし

5月26日(日)、Fリーグ2019/2020 ディビジョン1の開幕セントラルが東京都・駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われた。第3試合でペスカドーラ町田はシュライカー大阪と対戦し、2-4で敗れている。

先に行われたオーシャンカップ3回戦でも対戦し、1-1で迎えたPK戦を制して勝ち進んだ町田。リーグ戦初戦では先制を許す苦しい展開の中、オフェンシブな戦いを見せてチャンスは作り出していく。

前半は無得点に終わるも、迎えた21分に室田祐希が森岡薫とのワンツーで中央にボールを運び、最後は右サイドのクレパウジ・ヴィニシウスがシュートを叩き込んで試合を振り出しに戻した。

ところが22分に勝ち越しを許し、38分に日根野谷建が放ったシュートが相手のオウンゴールを誘発。これでまたも同点とするが、直後にまたも勝ち越され、38分にも失点。試合はそのまま終了のホイッスルを迎え、攻撃性を見せた町田だったが開幕戦は黒星スタートとなた。

自分たちにとって運が良い日ではなかった

ルイス・ベルナット監督(ペスカドーラ町田)

──今日の試合を振り返って。

みなさん、こんばんは。我々にとっては良いスタートではありませんでしたし、思っていた試合展開ではありませんでしたが、チームの一人一人が頑張る中、試合の中で全てを出し切ったと思います。

監督としてこの負けの敗因がありました。選手たちは全力を尽くしてくれましたし、そのことを誇りに思っています。今日は自分たちにとって運が良い日ではなかったのかもしれません。ちょっとしたミスがこういう結果につながりました。

本音を言えば、オーシャンカップでは決定力がありましたが、今日は決定力があまり良くなかったです。選手一人一人が良い形、良いテンポでプレーし、追いつくこともできましたが、そのあとの失点で流れを持っていかれた展開が残念です。

集中が途中で切れた部分もあり、そこが失点に繋がりました。監督として、自分のミスだったのは、チームが勝ちたい意識が強くある中で、マネジメントできなかった部分。落ち着きを与えられなかったのは、私のミスかもしれないです。

また、大阪に対しては、素晴らしい勝ち点3だったと思います。Fリーグで準優勝したチームに拍手を送りたいです。ただ、我々のチームはこれから負けても、その先に良い形があると信じています。1つ1つの試合を勝ち抜くチームです。それを信じてやっていきたいと思います。

そして、選手たちに拍手を送りたいです。時にはうまくいかないこともありますが、最後まで戦い、力を尽くした彼らに大きな拍手を送りたいです。みなさんも最後までお付き合いしてもらいどうもありがとうございます。

森岡薫(ペスカドーラ町田)

──今日の試合を振り返って。

こんばんは。お疲れ様でした。また次節、頑張ります。

▼ 関連記事 ▼

Bitnami