SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.06.01

【F1第2節/湘南×町田】山﨑歩夢がFリーグに鮮烈デビュー弾! 令和最初のダービーマッチに敗戦も「強い湘南をこれから見せられるという手応えを感じた」(湘南 奥村敬人監督)

PHOTO BY軍記ひろし

6月1日(土)にFリーグ2019/2020 ディビジョン1第2節、湘南ベルマーレvsペスカドーラ町田の境川決戦が小田原アリーナで行われ、湘南が2-3で敗れている。

駒沢セントラルで開幕を迎えた中、今節からホーム&アウェイ戦が開始。ホーム開幕戦を迎えた湘南は、立ち上がりから激しいプレスで主導権を奪いにかかるが、11分に自陣でのミスから失点を喫した。それでも13分には左CKの流れからボックス左の刈込真人がヒールで流したボールを、Fリーグデビュー戦となった山﨑歩夢が押し込んで同点に。ところが16分に勝ち越しを許して前半を終えた。

迎えた後半も先に点を許す苦しい展開に。それでも28分に内村俊太のボール奪取から最後は本田真琉虎洲が蹴り込んで2-3と1点差に詰め寄った。試合終盤はゴレイロのフィウーザがハーフを越えて攻め上がるパワープレーのような形を見せて町田を押し込むが、あと1点が遠く試合終了のホイッスル。負傷者が続出している湘南は厳しい開幕2連敗となった。

今は我慢の時期

奥村敬人監督(湘南ベルマーレ)

──試合を振り返って。

サポーター・ファンの方たちに後押しされて臨んだ、ホーム開幕の境川決戦は落としてはいけない試合でしたが、勝つことができずに申し訳ない気持ちでいっぱいです。試合としてはミスをするとやられるなと。決定力ある選手がいるので、先制点を取られたことが痛かったです。

こちらは相手のミスを突こうとしましたがゴールできずに、逆に先制されました。それが、相手のペースにはまった要因だと思います。オーシャンカップからの疲労、ケガ人やその代償がある中で、今は我慢の時期かなと思っています。

その中で山﨑歩夢、薮内涼也が躍動したのは、チームにとって明るい材料です。彼らのおかげでチーム内の競争は激しくなるでしょう。2連敗しましたが、僕はこれからだと思っています。逆に、強い湘南をこれから見せられるという手応えを感じた試合でした。そのためにもみんなで手を取り合って、続けて、力を証明する。みんなで努力して行きたいと思います。

──チームに元気がない印象だったが?

今日はベンチもテンションを上げられる状況じゃなかったのが正直なところです。それは疲労や展開などがあります。ただ、こういう苦しい試合は必ずある中で、無理やりでも上げるか、自然と上がるのか。チームとしても個人としても大事な部分です。

先週の名古屋戦はやりきった思いがあると思いますが、今日は不完全燃焼だったはずです。個人的にもベンチでの元気のなさは感じていました。そこで「やれよ」といって上がるのかどうか。ただ、今日はそういう問題ではなかったです。

ゴールが入る、何かのプレーのきっかけでテンションは変わるものです。勝負所で決めるところ決められずにどんどんテンションが下がった印象でした。1点差ですが、それで負けるのは勝負弱さだと思います。もっとうまくいかない時に踏ん張れるか。一人一人に問われる部分です。

──ホームでの敗戦は痛いと思うが?

たくさんの方々が期待してくれています。さらに下部組織、後援会、ボランティアの方などが、朝早くから設営してくれて、スタッフも数ヶ月前から動いていました。そこで勝てないというのは痛いことです。

勝つことによって苦労が報われると思います。試合は40分だけでなく、何カ月も前からこの試合のために尽力してくれて成り立っています。なので敗戦は痛いですね。

──山﨑歩夢選手がFリーグデビュー戦で初ゴールを挙げたが?

スピードがある選手ですし、迷いなくシュート打てる部分が持ち味です。ただ、練習でそれが発揮できていませんでした。自信と経験がなく、うまくいかなかったのかなと思っていましたが、僕が怖がっていただけなのか、出す勇気がなかっただけなのか。

一昨日の練習でカウンターで2人を抜いてゴール決めたシーンがありました。「このパフォーマンスなら使える」という手応えがありましたし、その中で使ってすぐに点をとってくれて良かったです。彼も恐怖心が消えて自信が芽生えたと思います。

ここは指導者として難しいところですが、誰でもミスする中で怖がらずに送り出すタイミング、自分の勇気、そういう難しさは感じました。ただ、今日は送り出して、自信つけて、チームのプラスになったことを考えると自分の未熟さを感じました。

選手を起用した以上は自分の責任ですし、それを怖がらずにもっと使うべきだと感じました。そこの勇気は難しいですが、そこを出さないと結果には繋がってこないです。町田の監督は開幕戦でも若い選手を起用していました。その勇気があるからこそ今日も若手が躍動していたと思います。自分の未熟さを感じました。

植松晃都(湘南ベルマーレ)

──試合を振り返って。

先週の名古屋戦が終わった後も悔しいと言いましたが、今日も負けているので、良い試合してもただ悔しいという思いです。

名古屋戦も今回の町田戦も1点差で勝てていない状況ですが、そこが課題だと思います。細かなミスで決めきれず決めきられました。その細かい部分の積み重ね。ただ、点が入っている以上は大きなミスだと思います。1点差で負けるテイル状況を打開するため、コミュニケーションをとって日々の練習をやっていくべきだと思っています。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami