SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.07.10

【umbro(アンブロ)】立川・府中が2020-2021シーズンのユニフォームデザインを発表!チェッカーフラッグがモチーフのデザインに。

PHOTO BY軍記ひろし

新生立川・府中アスレティックFCを表現

立川・府中アスレティックFCは10日、2020-2021シーズンのユニフォームデザインを発表した。

1stユニフォームは例年とは違い、チェック柄をベースに白のパンツとソックスを採用。リリースには、「20周年を迎え、新生立川・府中アスレティックFCを表現する上で、応援旗である《チェッカーフラッグ》をモチーフにしたグラフィックを採用した」と書かれている。「地元地域にいつまでも愛され、未来に向かって応援され続けるチームへ」という願いが込められているそうだ。

2nd、GKユニフォームも同様にチェック柄となり、2ndユニフォームは、立川市・府中市の市章色(紺×緑)がベースになっているそうだ。チェッカーフラッグモチーフのグラフィックデザインで団結し共に戦い抜くチームの強い決意を表現されている。

レプリカユニフォームの販売については、決定次第リリースされるそうだ。

以下はクラブからのリリース

2020/2021シーズンユニフォームデザイン決定のお知らせ

立川・府中アスレティックFCの2020/2021シーズンのユニフォームデザインが決定しましたのでお知らせいたします。
なお、今後新たにパートナーが決定した場合は、お知らせさせていただきます。
また、レプリカユニフォームの販売については、決まり次第お知らせ致します。

【FP 1st】

20 周年を迎え、新生立川・府中アスレティックFC を表現する上で、応援旗である《チェッカーフラッグ》をモチーフにしたグラフィックを採用。
チームが積み重ねてきた歴史を重んじ、チームを象徴するカラーを全面に表現しました。
地元地域にいつまでも愛され、未来に向かって応援され続けるチームへという願いが込められています。

【FP 2nd】


2nd ユニフォームでは、立川市・府中市の市章色(紺×緑)をベースにチェッカーフラッグモチーフのグラフィックデザインで団結し共に戦い抜くチームの強い決意を表現しています。

【GK 1st】

【GK 2nd】

スポンサーロゴ掲出企業

【胸スペース】

株式会社立飛ホールディングス

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami