SAL

MENU

作成日時:2022.10.02
更新日時:2022.10.03

【アジアカップ|速報レポート】エース・清水和也がベトナムに2ゴール! 日本が逆転でグループ1位通過!

PHOTO BY勝又寛晃

2日、日本代表はクウェートで開催されているAFCフットサルアジアカップのグループステージ第3戦、突破をかけた運命のベトナム戦に臨んだ。

■試合ハイライトはこちら

エースが今大会初ゴール!

2試合を終えて1勝1分で4チーム中3位に沈む日本がノックアウトステージへと進出するには、勝ち点3を得る以外にない。一方で、“2点差以上の勝利”をつかめば順位が逆転してグループ1位で突破できるという、まさに「絶対勝利」が条件のゲームの先発は、前節の韓国戦と同じGKピレス・イゴール、FPオリベイラ・アルトゥール、吉川智貴、水谷颯真、平田・ネト・アントニオ・マサノリの5人という布陣で臨んだ。

開始1分34秒、早々に日本がチャンスを手にした。右サイドでボールを受けたアルトゥールがファーポストへシュート性のパスを放つと、後ろから走り込んできた吉川がフィニッシュ。このシュートが相手GKに弾かれたところで、こぼれ球に反応した水谷がゴールを狙ったものの、枠から外れてしまった。

さらに第1ピリオド3分、ハーフウェー付近でボールを奪った水谷が右サイドをドリブルで駆け上がると、後ろから倒されてペナルティエリア付近でFKを獲得。クレパウジ・ヴィニシウスがファーポストの平田に強めのパスを配球するサインプレーを見せ、落としをアルトゥールがミートしたが、相手GKに正面で防がれた。

その後も日本が主導権を握りながらもゴールが遠いという嫌な展開が続いたが、6分に待望の先制点が生まれた。前線でボールを受けた清水和也が右方向へと反転し、ディフェンスに寄せられながら相手GKまでもかわして、強引にフィニッシュをねじ込んだ。清水はこれが今大会初ゴールとなった。

リードした日本はその後も試合を優位に進めたが、追加点がなかなか奪えない。第1ピリオド終了のブザーがなる瞬間までシュートを放ち続けたが、1-0のまま試合を折り返した。

木暮監督がタイムアウトで「前半は1-0でも全く問題ない」と選手に声をかけていたように、決して悪い流れではないが、早く追加点がほしい。試合は日本の“運命が決まる20分”へと突入した。

得点が遠かったが、第2ピリオドも清水和也がゴール!

試合再開時にピッチに立ったのは、GKイゴール、FP石田健太郎、上村充哉、金澤空、清水和也の5人。

第2ピリオド22分、敵陣でFKを得た日本。アルトゥールがミドルを打つと思わせて、ゴール前でフリーの清水にパスを出したが、シュートは枠の外へと飛んでしまう。

25分にも日本にチャンスが訪れた。敵陣右サイドで味方からのロングパスを受けた平田が、反転してゴールニア上へシュートを放ったが、これも枠の外。

さらに29分、前線の清水が浮き球を胸でコントロールしてボレーシュート。これは相手GKに弾かれ、金澤がこぼれ球を詰める。しかしこれもGKに防がれてしまうと、自分の元へこぼれてきたボールに清水が反応したが、このシュートも枠に飛ばない。

グループ1位通過には、2点差以上の勝利が必要になる日本だが、残り10分を切ったタイミングで、ベトナムがパワープレーを仕掛けてくる。数的不利になりながらゴールを守っていたが、残り6分頃にベトナムはパワープレーを中止。再び数的同数での戦いになった。

追加点が奪えず、時間だけが過ぎていった。日本にこれ以上、ゴールが生まれないのかという空気になりかけていたが、36分に均衡が破れた。アルトゥールがドリブルで相手陣地へボールを運ぶと、清水が左サイドでボールを受ける。相手選手を背負いながら、反転して角度のない位置からシュートを放つと、ボールは相手GKの股を抜けて2-0とした。

残り2分を切ろうとしたタイミングで、ベトナムは再びパワープレーを開始。しかし日本が決死のディフェンスでゴールを守り抜き、試合は2-0のまま終了。試合開始前はグループ3位にいた日本だったが、逆転で1位通過が確定。4日に行われる準々決勝でグループC2位の国と対戦する。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼