SAL

MENU

作成日時:2022.10.07
更新日時:2022.10.08

【アジアカップ|試合後コメント】「『マジで?』と思った(笑)」。急きょ出場し、スーパーセーブ連発の黒本ギレルメ。

PHOTO BY勝又寛晃

6日、日本代表はクウェートで行われているAFCフットサルアジアカップの準決勝を戦い、ウズベキスタン代表に2-1で勝利。2大会連続の決勝進出を果たしてみせた。

2-1で迎えた残り9分、日本にアクシデントが起きてしまう。これまでゴールマウスを守り続けていたピレス・イゴールが急にピッチに座り込み、プレーの続行が不可能になってしまった。

決勝まで順調に進んでいたなか、ゴールマウスを守ることになったのが黒本ギレルメだった。グループステージ第1節のサウジアラビア戦以降は出番がなく、ヒートアップしていた試合に入り込むのは難しいと思われたが、黒本はスーパーセーブを連発。至近距離から打たれたシュートも含め、ウズベキスタンの攻撃を全てシャットアウトして決勝進出に大きく貢献した。

チームを助けることができてうれしい

──2-1でリードした残り9分、イゴール選手のケガによって出場することになりました。

「マジで?」と思った(笑)。「今?」って。イゴールも素晴らしかったし……。でも、出るか出ないかは関係なく準備していました。自分がイメージしていた場面とはちょっと違いましたけど、しっかり勝ってよかったです。

──すぐに試合の雰囲気に入れましたか。

相手がどんなふうに攻めてくるかは、パワープレーも含めて、わかっていました。(自分の武器である)足を使って攻めるというよりは、守ろうと。短い時間だったけど、結構長く感じました(笑)。

──ラスト26秒で飛び出した黒本選手のスーパーセーブがチームを救ったと思います。

どうやって止めたかも覚えてないけど……。(プレーの映像を見て)これ、すごいね(笑)。チームを助けることができてうれしく思います。

──韓国戦から先発出場はイゴールになりましたが、ずっとベンチから支えてきました。

もちろん1試合目の悔しさもあります。個人よりはチームのためだからイゴールのサポートをしてきました。僕たちGKチームは仲が良いし、たくさん話もしてるから、みんなのおかげだと思います。

──日本代表として初めてアジアカップ本大会を戦っていますが。

東アジア地区予選とは全然違うし、36歳になったけど、こういう経験ができることに感謝しています。

──決勝戦でスタメンとなっても「マジで?」とはならない(笑)?

イゴールがどういう状態かはわからないですけど、もしもスタメンじゃなかったとしてもサポートをします。一番大事なのは優勝すること。決勝戦も頑張ります。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼