SAL

MENU

作成日時:2022.10.07
更新日時:2022.10.07

【アジアカップ|試合後コメント】日本を決勝へ導く勝ち越し弾を決めた金澤空。「我慢強く守っていけばチャンスが回ってくる」

PHOTO BY勝又寛晃

6日、日本代表はクウェートで行われているAFCフットサルアジアカップの準決勝を戦い、ウズベキスタン代表に2-1で勝利。2大会連続の決勝進出を果たしてみせた。

1-1で迎えた第2ピリオド30分。次の1点がどちらに決まるかで戦況が大きく変わるというなか、ネットを揺らしたのは金澤空だった。CKの場面で金澤はファーのスペースへうまく入り込み、石田健太郎のラストパスをしっかりと詰めてみせた。

準々決勝のインドネシア戦では同点弾を決め、この試合では勝ち越しゴール。日本の決勝進出に大きく貢献している二十歳の若手が、この試合とゴールを決めた場面を振り返った。

ボールだけを見て、当てることだけを考えた

──ウズベキスタンに逆転勝利して決勝進出を決めました。

1点ビハインドで折り返しましたけど、今大会はそういう場面は何度もありましたし、チーム全員が勝利を信じていました。誰も焦ることなく、後半に入れたのが大きかったなと思います。

──決勝ゴールとなった2点目のセットプレーについては。

選手の配置は話してましたが、その先に何をするかは相手を見ながら決めました。(上村)充哉が足の裏でポンと落とした瞬間に僕のところが空いたので、健太郎くんが素晴らしいパスをくれて。サウジアラビア戦で外したシーンがよぎったので、めちゃくちゃ丁寧に蹴りました(笑)。ゴールは空いていたので、ボールだけを見て、当てることだけを考えて。入って良かったです。

──今大会を通じて、最もいい内容のゲームだったのでは?

はい。自分たちのフットサルができていたし、勝つことだけを考えてやっていたので、それが勝利につながったのかなと思います。

──アジアの戦いのなかで経験を積めている?

我慢強く守っていけばチャンスが回ってくるというのは、今大会で経験しています。決勝戦も難しい試合になると思うんですけど、自信に変えて戦いたいです。

──2試合連続ゴール中ですが。

良いところにいるのがゴールにつながっていると思うので、決勝戦でもゴールを決めたいです。

──金澤選手のセットで2試合連続で大事な場面でスコアを動かしました。

ゲームに入る前に、自分たちで試合を動かしに行こうと話しています。今日はすごく良いリズムでプレーできていたのでよかったです。

──立川アスレティックFCでチームメートのGK黒本ギレルメ選手が素晴らしいプレーを見せましたが。

クロのことはみんな信頼していますし、チームを救ってくれるところを何度も見ています。今日も本当に頼もしかったです。

──決勝の相手はイランかタイですが、どちらとやりたい?(※その後、イランとの対戦が決定)

正直に言えば、イランとやりたいです。イランとは戦ったことはありませんが、(立川アスレティックFCの代表兼選手である皆本)晃さんには、「イラン戦だけは全く別の試合になるよ」と言われたので、楽しみです。

 

▼ 関連記事 ▼

▼ 関連記事 ▼