SAL

MENU

作成日時:2022.10.09
更新日時:2022.10.09

【アジアカップ|試合後コメント】「カーブをかけて外側から巻いて狙った」。ゴラッソを決め、日本のアジア制覇に大きく貢献したオリベイラ・アルトゥール

PHOTO BY勝又寛晃

日本時間9日、日本代表はクウェートで行われているAFCフットサルアジアカップの決勝を戦い、イラン代表に3-2で勝利。日本が3大会ぶり4回目のアジア王者に輝いた。

大会を通じて頼もしすぎた男は、この決勝でも大きな活躍をしてみせた。

1-1で迎えた27分、日本は敵陣右サイドでFKを獲得する。直接狙うには距離も角度も難しい。しかしキッカーのオリベイラ・アルトゥールは巻いたシュートで直接ゴールを狙い、見事日本の勝ち越し点を奪取。

その後は守備でも献身的に体を張って勝利に大きく貢献。日本にアジアのタイトルをもたらしてみせた。試合後、アルトゥールが激闘の決勝を振り返った。

準決勝で勝った時、決勝でも勝てると思った

──アジア王者になった今の気持ちを教えてください。

最高の気持ちですね。

──イランはかなり強かったと思いますが。

強かったですね。それはチーム全員が知っていました。でも、僕たちは試合をコントロールできて、良い結果を引き寄せられました。

──第1ピリオドの途中で吉川智貴選手がケガをしましたが、そこからチームの底力を発揮しました。

ケガをしているのは智貴さんだけじゃない。他の選手たちも痛いところもあるし、僕もそう。智貴さんがいなくなってからも、全員が気持ちを出して戦いました。

──フリーキックはコースは見えていたんですか?

はい。壁は1人だけだったから、サッカーみたいにカーブをかけて外側から巻いて狙いました。

──今日の試合で「イランに勝てる」と思ったのはいつ?

準決勝です。

──準決勝ですか?

ウズベキスタンに勝った時、決勝でも勝てるなと思いました。相手に決められても、気持ちを切り替えられましたし、すぐに同点に追いつけた。みんなが自信を持っていました。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼