SAL

MENU

作成日時:2023.05.21
更新日時:2023.05.21

【試合後会見|準決勝】フエンテス監督、“不発”の清水和也&金澤空に言及「彼らは重要な選手だから焦らない」|オーシャンカップ2023

PHOTO BY勝又寛晃

20日、Fリーグオーシャンカップ2023の準決勝が行われ、名古屋オーシャンズはシュライカー大阪に5-2で勝利を収めた。立ち上がりこそゴールが遠い展開となったが、先制点を奪ってからは余裕のある試合運び。相手の鬼気迫る追撃をいなしながら強さを示した。

名古屋は今大会5連覇をかけ21日に決勝を戦う。準決勝の試合後、フエンテス監督とキャプテン篠田龍馬が記者会見に出席し、試合の振り返りと決勝への意気込みを語った。

■試合レポートはこちら

♦︎大会特集ページへ♦︎

「結果ではなくやってきたことに集中する」

●フエンテス監督|名古屋オーシャンズ

──今日の試合を振り返って。

準決勝らしい試合ができたと思います。難しい試合でしたし、大阪は練習試合でも対戦しているチームなので、その意味でも苦しかった。相手はここまで勝ち上がってきたことでポジティブに試合を迎えたと思いますが、自分たちにも、試合が始まる前からそういう気持ちがありました。

最初から最後まで、苦しさを乗り越えてプレーできたと思います。主導権を握ることができました。相手のプラン的には先制点を取ることが大事だったと思いますが、自分たちが先に試合を動かしてハーフタイムを迎えたことで自信を持ってプレーできましたし、相手がプランを変えないといけない状況になりました。

相手がリスクをかけてきたところで、スペースを使っていいプレーができて2点目を決めることができました。2-1としてから早い時間で失点を許しましたが、そこでもペースを落とすことなく継続できました。自分たちがどの局面でも強い気持ちでプレーできたことで3-1として、第2PKで4-1に。最後はパワープレーから失点しましたが、しっかりといい守備ができていたと思います。

1失点しましたけど、守備をしながら点を取るチャンスを作れましたし、勝って決勝を戦えることがうれしいです。

──前半は特に拮抗しました。タイムアウトを10分すぎに取りましたがどんな指示を?

スコアは動いていないですけど、自分たちが主導権を握れていました。長い時間、攻撃できているなかで点が入らないと焦りが生まれてしまうので、自分たちが正しいことをやっていて、これを続けていけばいい、と。やりきれているけれど、いきすぎないようにということを、タイムアウトで伝えました。

──清水和也選手や金澤空選手、それに昨シーズン途中に加入し、今シーズンが実質的に最初の戦いとなる甲斐稜人選手が加わりました。今大会で彼らにはまだ得点が生まれていないですが、どのようなことを求めていますか?

彼らの最大限を出してもらうことを常に求めています。清水と金澤にとっては、私たちが去年からやっているものがあるなかで、情報量が多いこともあると思います。

名古屋で求められるのは「絶対に勝たないといけない」ということです。たくさんの情報があるなか、こちらの要求に応えることは簡単ではありません。彼らは重要な選手ですから、焦らずにいきたいと思います。毎週試合をこなしていくなかで、より良いパフォーマンスを出してくれると思っています。

──決勝へ向けて。

連戦での3試合目となりますから、最高のパフォーマンスを出すことが難しいとわかっています。それでも目指していることは変わらないですから、まずは回復すること。できるだけいい状態で明日を迎えたいと思います。「結果」に集中するのではなく、「自分たちがなにをやってきたのか」に集中する。自分たちを信じて戦います。

「なにが起きても優勝を勝ち取れるように」

●篠田龍馬|名古屋オーシャンズ

──今日の試合を振り返って。

相手チームには名古屋で一緒にやっていた選手もいますし、タレントもいる。難しい試合になると思っていたし、実際にそうなりました。

やられた場面もありましたけど、能力の高い選手にしっかりと対応できました。4-2と追い上げられて苦しい時間もあるなか、全員で跳ね返せました。今日の試合でまた成長できたと思います。

──スコアを動かせない時はどのような心持ちでしたか?名古屋はこれまでも、スコアを動かない時に弱さを見せたこともあったので。

ああいう状況には慣れています。ずっとボールを持っていて、相手のチャンスはなく、枠内シュートは1本くらいしか打たれていません。それでもこちらに点が入らないと焦るものですが、そうしたことは全員が経験しています。落ち着くことが大事です。入らないことをマイナスに考えず、前向きにプレーできていましたし、そうしないといけないと思います。

悪くはない、いい状態だと思って自分はプレーしていました。

──清水和也選手や金澤空選手など、日本で際立っている選手が入ったことでチームにも変化があると思います。今シーズンはどのような雰囲気ですか?

和也は中堅になるところですが、若い選手が入ってきて、まだ遠慮している感じはあります。昨シーズンまでのいいところ、一体感を持ってチームのためにプレーすることをみんなが考えています。そこは伝えていますし、そういう雰囲気をみんなが持っています。その輪の中にちゃんと入っています。今日は、空と(甲斐)稜人の出場時間は少なかったですが、彼らの力は絶対に必要です。他のチームと名古屋でプレーすることは違います。そこを彼らも理解していると思うので、出た時にはいいフォーマンスをできていますし、昨シーズンと変わらないプレーができている。それに今日のプレーでも成長できたと思います。一体感をもって、決勝に臨みたいです。

──決勝へ向けて。

決勝は勝つためにやる舞台。個人としても、チームとしても、勝つために。なにが起きても優勝を勝ち取れるように頑張ります。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼