SAL

MENU

作成日時:2023.05.21
更新日時:2023.05.21

【試合後会見|準決勝】立川・上村充哉が敗戦のなかで感じた自信「3点差は、普通にやれば俺たちならひっくり返せる」|オーシャンカップ2023

PHOTO BY勝又寛晃

20日、Fリーグオーシャンカップ2023の準決勝が行われ、立川アスレティックFCはバルドラール浦安に4-5で敗戦を喫した。第1ピリオドに1-4とされながら、第2ピリオドに持ち直し、皆本晃、新井裕生の2得点で同点に。大逆転勝利のムードもあるなかで、最後は勝ち越しを許し、2大会連続決勝進出とはならなかった。

立川は、21日に大阪と3位決定戦を戦う。準決勝の試合後、退席処分となった比嘉リカルド監督の姿はなく、キャプテン上村充哉が記者会見に出席した。

■試合レポートはこちら

♦︎大会特集ページへ♦︎

「明日は、ただの3位決定戦ではない」

●上村充哉|立川アスレティックFC

──今日の試合を振り返って。

結果を見てわかる通り、始めにポンポンと失点して、うちの甘さが出て、逆に相手の良さが出た序盤でした。中盤から少しずつうちのゲームが出てよくはなったのですが、最後に勝ち切れなかったのは残念です。こういう試合を勝ち抜いていかないと、オーシャンカップもそうですけど、リーグ戦もほど遠い。リーグ優勝を目指しているのいで、一人ひとりが行動を再確認して、明日の試合に臨みたいです。

──前半と後半で内容がガラッと変わりました。ハーフタイムではどんなことを?

1-4だったので仕切り直して。3点であれば、普通にやれば俺たちならひっくり返せると。いつも守備からやっていることを、と。キックオフと同じ気持ちで臨んだ感じですね。

──昨シーズン以上の成績を求められているなか、周囲からは、黒本ギレルメ選手や金澤空選手が退団したことで戦力ダウンと言われることもあると思います。

黒本、金澤、(引退した)関(尚登)が抜けましたが、正直、そんなに大きく変わったとは思いません。去シーズンも簡単なリーグではなかったですし、今シーズンそこから変わるわけではないかな、と。

負けたら、「3人が外れたから」と言われ、逆に勝ったら、「強いね」と言われる。僕自身はポジティブに捉えています。

──後半、最後の数秒でキックインから突破したシーンがありました。チョン・ドンで打つのではなく、持ち運んだ。あのシーンの判断がすごく印象的でした。

残り3秒だったので打つつもりで入ったのですが、長坂(拓海)選手と加藤(竜馬)選手の2人のブロックが見えたので、縦に運んで、なんとか入ってくれと。軌道修正した感じです。

──明日の試合に向けて。

明日は、ただの3位決定戦ではないと思っています。(比嘉リカルド監督が退席処分となったことで明日の決勝は)監督もいないですし、これでバタバタして負けてリーグ戦を迎えたら、僕たちはそれだけのチームだと言われる。監督がいないことは厳しいですけど、みんなで助け合って、いい状態で迎えたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼