SAL

MENU

作成日時:2023.05.23
更新日時:2023.05.23

【試合後会見|決勝】王者・名古屋のキャプテン篠田龍馬が、甲斐稜人に伝えたこと「“優勝して悔しい”と思う経験は、他では得られない」|オーシャンカップ2023

PHOTO BY勝又寛晃

21日、Fリーグオーシャンカップ2023の決勝戦が行われ、名古屋オーシャンズはバルドラール浦安に5-1で勝利し、5大会連続クラブ史上10度目のオーシャンカップ優勝に輝いた。

立ち上がりこそ浦安の守備に苦戦し決定機を阻まれる名古屋だが、第1ピリオド終了間際に安藤良平がネットを揺らし1-0に。第2ピリオドには1点を返されるも、アンドレシート、清水和也、金澤空が得点を重ね、最後は再び安藤良平がパワープレーでダメ押し弾を決め5-1でフィニッシュ。シーズン最初のタイトルを手にした。

決勝戦をフエンテス監督とキャプテン・篠田龍馬が記者会見に出席した。

■試合レポートはこちら

♦︎大会特集ページへ♦︎

「短い期間で好チームになるのは、選手のおかげ」

●フエンテス監督|名古屋オーシャンズ

──今日の試合を振り返って。

決勝らしい試合になったと思います。難しい試合でしたし、お互いが戦いあった。こちらは、相手のチャンスをつぶし、自分たちもエラーを少なくできていました。時間が経つにつれてさらによくなり、前半を1-0で終えたことがアドバンテージでした。

プレー中に修正すべきことをハーフタイムで話して後半を迎えました。そこをしっかりと後半に出せたと思います。相手よりもいい状態でプレーして、いいプレーを見せられたので相手を苦しめられた。後半残り10分となり、相手がよりリスクをかける必要があるため、そこでも自分たちはいいプレーができました。パワープレーの守備もしっかりできました。守備と、守備からの攻撃でもボールを動かせて、いいプレーができていたので継続しながら。そうやって優勝できたことがうれしいです。

──ハーフタイムの修正点は?

守備のところで回避され、チャンスを作られたところの修正と、コーナーキックで相手の守備に対してどうするか。それで2点目、3点目を決めることができました。

──メンバーが変わっても、力は変わらない。一定のレベルを維持する指導とは?

短い期間で好チームになるのは、選手のおかげです。大会前からの選手の頑張りがこの結果につながっていると思います。チームはいいパフォーマンスを出しました。新しい選手が入り、4週間準備をしましたが、最初の1週間は日本代表の選手がいませんでしたし、そこに新加入選手もいたという難しさがありました。でも自分たちにはタレントのある選手も多く、トレーニングの中で難しい部分というのは多くありません。今日は喜びますが、明日からは次の目的に向かっていきます。

「“優勝して悔しい”は名古屋でしか経験できない」

●篠田龍馬|名古屋オーシャンズ

──今日の試合を振り返って。

昨日も話したように、チーム一丸となって決勝は勝つ。優勝するための舞台なので、結果を残せたことで、1段階、2段階成長できると思います。これはリーグ戦につながりますし。いい状態で開幕を迎えられると思います。結果が出てよかったです。

──勝つことを期待され続け、そのプレッシャーを跳ね返すメンタリティはどのように?なにか特別なことをやったりしていますか?

僕や、在籍が長い選手はそれに慣れているので、特になにかをしているわけではありません。今年は若い選手も入り、長く在籍した選手やベテランが抜け、それを伝えていかないといけないと思っていました。ですからベンチでの振る舞いや、試合中の振る舞いは特に気をつけていました。プレッシャーがあるなかでプレーすることは、新しく入ってきた3選手はまだ慣れていないですから、慣れている選手が押し上げていく。そういう気持ちです。気を抜かずに、一体感を持ってやれたことが跳ね返せた一番の要因だと思います。

──新加入や若い選手への具体的なアドバイスは?

特にはないです。空気感で、こっちに入って来れるように。ただ、今日の試合で(甲斐)稜人は出場機会がありませんでした。彼には、「名古屋じゃないとこういう経験はできない」と。(彼の前所属である)町田にリスペクトを持って言いますが、“優勝して悔しい”と思うことはないと思います。現在の状況的には。ですから、それは財産です。彼にはタレントがあるのでこの経験が必ず生きるという話をしました。

──篠田選手と田淵広史選手は、まさに冷静と情熱の間のようです。そこに今シーズンは、川上翼選手が円陣の中で踊ったりして、明るい。GK陣のなかでの雰囲気や、互いに刺激となっていることは?

特にないですけど……練習で競い合っていますからね。田淵も翼も、僕も、競い合って常に、3人とも危機感を持ちながら練習でプレーしています。今回は、前半と後半で変わる戦い方でした。僕も田淵も、自分たちの仕事をしたいと思っています。翼は、みんなにもけっこういじられていますね。「前に行け」って、僕がやらせたりもします(笑)。いい空気感があるので、短期決戦で彼の存在がプラスになったと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼