SAL

MENU

作成日時:2023.06.23
更新日時:2023.06.23

【女子F開幕節|記者会見/西宮vs北海道】開幕戦に勝利した、西宮・上久保仁貴監督が目指すもの「フィジカルに加えて、システマチックで緻密な戦い方を見せたい」

PHOTO BY海野伸明

17日、日本女子フットサルリーグ2023-2024(女子Fリーグ)のオープニングゲームとして、SWHレディース西宮vsエスポラーダ北海道イルネーヴェの一戦が行われた。

西宮は、第1ピリオドに高尾茜利、江川涼がネットを揺らし2点をリード。1点は返されたものの、2-1で勝利を収めた。

試合後、上久保仁貴監督とキャプテンの尾川奈穂が、記者会見に出席した。

女子Fリーグ2023-2024シーズン日程

個人のうまさや、緻密さを見せていきたい

SWHレディース西宮|上久保仁貴監督

──試合を振り返って。

まずは、今シーズンも開幕戦を迎えられたということに感謝したいです。あわせて、新規参入のアニージャ湘南さんのホームでシーズンを始められることは、女子Fリーグにとっても大きなことだと感じています。ゲームとしてはプランどおりにいかない部分もありましたが、内容よりも「とりあえず勝点3」を目標に設定していたので、そういう意味では、ポジティブに次の来週の試合に繋げていけるかなと考えています。ただ、チームとしては課題の多いゲームでした。

──システムの話をすると、第1ピリオドは3-1のピヴォを置くかたちが多く、第2ピリオドはピヴォを置かない定位置攻撃だったと思います。その意図は何かありますか。

システムに関しては、あまり僕から選手にリクエストを出していません。どちらかというとトランジションのところをメインとしているので、こちらからの指示というよりはセットのなかで、ここはピヴォが落ちたほうがいいといったような判断をしていたんじゃないかなと思います。

──ベンチから、ボールに対する寄せについて、かなり指示が飛んでいました。そこは今話があったトランジションというところに繋がる部分でしょうか。

そうですね。ハードワークや献身性という点を、今シーズンはトレーニング中も求めてきています。特に開幕戦では重要視した部分だったので、そこは積極的に取り組んでもらいました。

──初めて女子の試合を見させていただいて、とてもハツラツとして一生懸命で、クリーンな試合で非常に面白かったです。一方で、若干コートが広く感じたことと、フィジカルベースのところで、アラからアラへのパスであったり、外からのボレーというプレーは、今の女子のレベルのフィジカルでは難しい部分もあるのかなと感じました。戦術については、本来採用したいけど採用していないものがあったり、女子に合わせた戦術にするということはあるんでしょうか。

今、女子Fリーグがどういうフェーズかというと、まず浦安が頭一つ抜けています。浦安が抜けてる理由について、あくまで僕の見立てにはなりますが、フィットネスベースが非常に高いというところ。なので、女子がやれる戦略性とか戦術、逆に男子では見えにくい部分を女子で体現できないかなということを考えています。そこのボリューム感はすごく難しいんですけどね。

現状、女子リーグ全体としてはフィジカルが強いチームが勝つよねというところがあるので、僕らも底上げしているような状況です。プラス、そういうシステマチックな戦い方をできるんじゃないでかなと。見てもらったとおりそこまでスピード感もないですが、そこでちょっとした個人のうまさを見えやすくできたらなと思っています。緻密さをもっと女子フットサルで出していくことは、僕が目指すものの一つとして持っています。

──もちろん点が生まれたのは、第1ピリオドですが、第2ピリオドにもパスワークできれいに崩すシーンも多かったように感じました。第1ピリオドと第2ピリオドだったら、どっちの方がやりたいことができた感覚でしょうか。

この開幕に関しては、第1ピリオドのほうが少し狙いとしたものが出ました。第2ピリオドは、これまで我々が大事にしていたものが出たという感じです。どちらも我々らしさなのかなと。

ただ、第2ピリオドのような状況になって点が入っていないという課題もあり、ポゼッションに重きを置いちゃうと点が入らなくなっちゃうなと感じました。そこのバランスは少し調整しながら、ゴールへ向かう直線的なものも入れて戦っていきたいです。

追加点がなかったことが、焦る展開になった

SWHレディース西宮|尾川奈穂

──試合を振り返って。

監督からも話がありましたが、まずは勝点3を取れたことが大きかったです。試合を折り返して、その後の追加点がなかったことが、自分たちも焦る展開になってしまったので、そうこも受け止めて次の試合に臨んでいきたいです。

──キャプテンも、男子の試合とかも見られたりしますか?

はい。たまに見ます。

──見ているなかで、女子だとこのプレーは難しいなと思う部分はありますか。

先ほど例にあがったアラからアラへのパスは筋力が無いと、インターセプトされてカウンターなってしまうことはあるので、そこはちょっと難しいかなと思います。

──次節向けた意気込みを教えてください。

点を決めた後の追加点や、チャンスを決めきる力、ちょっと無理をしても頑張って走ること。そこは課題なので、真摯に取り組んで、次節に備えていきたいです。

▼ 関連記事 ▼