SAL

MENU

作成日時:2023.07.13
更新日時:2023.07.13

【日本代表】11月開催予定だったアジアインドア&マーシャルアーツゲームズが3度目の延期へ……。2024年2月開催で再調整

PHOTO BY勝又寛晃

7月13日、日本サッカー協会(JFA)は、11月17日から26日までタイ・チョンブリーで予定されていた、第6回アジアインドア&マーシャルアーツゲームズの延期を発表した。現在、2024年2月24日から3月6日で開催する方向で調整を進めている。

タイ国内の政権交代の影響を受け

アジアインドア&マーシャルアーツゲームズは、アジアオリンピック評議会(OCA)が主催する室内競技の国際大会のひとつだ。

第1回大会は2005年にアジアインドアゲームズとして2年に1度開催されており、2013年から格闘技の別大会のアジアマーシャルアーツゲームズを吸収し、4年に1度開催に変更されている。

今回延期になった第6回大会は、本来2021年に開催が予定されていたものの、新型コロナウイルス蔓延の影響を受け、2度の延期を経て2023年11月の実施が決定していた。しかし、ホスト国のタイから申請が届き、7月8日に行われた第42回OCA総会で再延期が承認された。理由としては、選挙結果によりタイで新政権が誕生し資金調達に遅れが生じたと、OCAからのリリースで明らかになっている。

フットサル日本代表は男女ともに本大会に4度出場している。男子は2013年に行われた第4回大会で初の決勝戦進出を叶えたものの、強豪・イランに敗れ惜しくも準優勝となった。一方女子は、2007年の第2回大会から3連覇を果たしている。前回大会はタイに敗れ優勝を逃しており、今大会では初のアベック優勝に期待がかかる。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼