SAL

MENU

作成日時:2023.10.11
更新日時:2023.10.12

【日本代表】貴重な先制点を奪取。平田ネトアントニオマサノリ「この大会はプラスでしかないですね。一体感が生まれた」

PHOTO BY本田好伸

フットサル日本代表は10月11日、AFCフットサルアジアカップ2024予選の第2戦でチャイニーズ・タイペイ代表に3-0で勝利し、4月にタイで開催される本大会への出場権を獲得。試合を終え、貴重な先制点をマークした、平田ネトアントニオマサノリに話を聞いた。

↓日本代表の全てがここにある↓



4-0に加えて、自分のプレーを

──試合を振り返っていかがですか?

この前のオーストラリア戦よりはだいぶ決定機も増えたました、やっぱり最後の決め切るところが課題になってしまった試合かなと思います。2試合ともしっかり勝って終われたのは、次につながるので良かったです。課題はクラブに戻って、自分たちでやるしかないので、次に向けて切り替えていきます。

──平田選手からはゴールを決める前から得点の“ニオイ”がしました。試合にはどんな気持ちで臨みましたか?

決めたかったというのは、やっぱりあります。あとは、日本からたくさんの方が来てくださっているので、全員でたくさんのゴールを見せたかったですね。残念ながらそれはできなかったですけど、勝利を届けられたことは良かったと思います。

──この試合に向けて、なにか変えた部分はありますか?

オーストラリア戦はシュートまでいける部分が少なかったので、今回はもう少し深さをとって、自分の位置にもう少し引っ張るという意識をしました。ゴールの近くでプレーするシーンを増やすというのは、短期間ですけど練習できたのでそれが出たのかなと思います。

──課題は、4-0(クワトロ)のなかでのフィニッシュ?

そこは課題だと思います。4-0に慣れて、クオリティを上げる。それに加えて自分のプレーをすることが今の自分には必要なので、そこのレベルを上げたいと思います。


この大会はプラスでしかない

──駆けつけた日本のサポーターの声援はありながらも、チャイニーズ・タイペイのホームということもあり、完全アウェーの雰囲気でした。ピッチではどう感じましたか?

こういう雰囲気はアジアでの代表戦だとけっこうあります。ああやってワーッっと盛り上がって、普段と違う雰囲気でやるんで。慣れていない選手もいるので、経験できたことは良かったと思います。

──平田選手は台湾に来てからの合流でしたが、改めて、今の日本代表はどんなチームでしたか?

メンバーはブラジルから少し変わりましたが、雰囲気はいいです。若い子たちは元気ですし、ベテランたちもみんな笑うし、しゃべるし。初招集でフィウーザ(・ファビオ)が入った時もみんな大歓迎でした。彼もいいキャラなので、すごくいい雰囲気でやっています。

この大会は、プラスでしかないですね。一体感が生まれた感じがします。

──11月の遠征、12月のアルゼンチン戦を含め、今後の代表活動も楽しみですね。

クラブに戻ってレベルアップするしかないですね。また帰って来れるように頑張ります。

↓日本代表の全てがここにある↓

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼