SAL

MENU

作成日時:2023.10.12
更新日時:2023.10.12

【日本代表】今大会でデビュー、次はメンバー定着へ。山中翔斗「アジアカップ本大会にも選ばれるように、Fリーグで頑張っていきたい」

PHOTO BY本田好伸

フットサル日本代表は10月11日、AFCフットサルアジアカップ2024予選の第2戦でチャイニーズ・タイペイ代表に3-0で勝利し、4月にタイで開催される本大会への出場権を獲得。試合を終えた直後、今大会が代表デビュー戦となった山中翔斗に話を聞いた。

↓日本代表の全てがここにある↓



自分がもっている武器を少しは出せた

──オフィシャルな試合での日本代表戦は初めてでしたが、2試合を振り返っていかがでしたか?

2試合を通して出場時間は短かったですが、公式戦に出ることができていい経験になったと思います。これをモチベーションにFリーグや次の代表活動を頑張っていこうと思います。

──全体がノッキングしているような印象を受けましたが、プレーしていての感想は?

前半にパスミスやトランジションのところで、いつもの日本代表よりもエラーが多く見られたのかなと思います。前半が終わった時にグレさん(木暮賢一郎監督)からはクオリティについて言われました。前半はベンチから見ていましたが、もし出る場面になったらまずはミスをしないことを意識してやりました。その意識が実を結んだのかなと思います。

──一方、1試合目と同様に今日の試合も、サイドでさらして仕掛ける山中選手らしいプレーが見られました。

1試合目のオーストラリア戦も2試合目のチャイニーズ・タイペイ戦も自分がもっている武器を少しは出せたと思います。今日は1本シュートを打ちましたが、そこで決め切る力をつけていかないと。日本代表はみんなレベルが高いので、簡単に出られることはないですし、簡単に選ばれることもありません。そこを身につけられたら、出場時間も長くなると思います。

──今回はキャンプからクワトロに挑戦しましたが、そこへの順応は?

今回の代表は練習期間が長くトレーニングの回数も多かったので、徐々にではありますがグレさんが考えていることや、自分がどこに動けばいいかなどは迷うことなくできるようになったと思います。



快とつっつーにはいい刺激をもらっている

──左利きのアラはいい選手が多く、原田快選手や堤優太選手たちから刺激を受けるのでは?

2人にはいつも感謝していますし、いつもいい刺激をもらって自分のレベルアップにつながっています。快とつっつー(堤優太)がもっている武器は自分にはないですが、逆に自分の武器はつっつーにも快にもないもの。3人がそれぞれ違う左利きとして、誰も止められないというものを理想としています。

──出場していない時から、自分ごととして捉えられた?

そうですね。チーム全体に言っていることは、個人にも言っている。逆に個人に言っていることは、チーム全体に言っていることだと捉えているので、誰かが言われているから自分には関係ないということではない。誰かが言われていることを聞いて、どういうところがいけないとか、自分はどうしなければいけないとか。そういうことを今日は多く考えられたと思います。

──アジアカップ本大会に向けて、メンバー争いも厳しくなると思います。

この2試合に勝てて、4月にタイで行われる本大会に出られることは、みんなで頑張った結果なのでうれしいです。次につながるということは、次のチャンスがあるということ。4月まで代表活動が何度かありますが、そこで常に選ばれるようにFリーグで頑張っていきたいと改めて思います。

↓日本代表の全てがここにある↓

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼