SAL

MENU

作成日時:2023.11.01
更新日時:2023.11.29

【現役引退】浦安・大島旺洋が今季限りでの現役引退を発表「人としても選手としても大きくなるきっかけをくれた大切な時間でした」

PHOTO BY勝又寛晃

バルドラール浦安は11月1日、大島旺洋の今シーズン限りでの現役引退を発表した。

昨季は自身の誕生日に2ゴール

Fリーグ5年目を迎える大島は、2019-2020シーズンに浦安で特別指定選手としてデビュー。2020-2021シーズン途中には一度セグンドチームに戻って技術を磨き直し、昨シーズン浦安セグンドから再昇格を叶え、自身の誕生日である8月7日に開催されたフウガドールすみだ戦での2得点を含め、7ゴールをマークしていた。

今年の1月にはU-23日本代表メンバーに選出され、国際親善試合でも1ゴールを挙げる活躍を見せていた。更なる活躍が期待されていた大島だが、今シーズンは7月に右肩をピッチに強打してしまい鎖骨を骨折。約3カ月間戦線を離脱し、10月13日のバサジィ大分戦で復帰したばかりだった。

大島はクラブ公式ホームページを通して、「初めはフットサル選手を目指してではなく社会人として働くために上京し、フットサルは趣味として初めたいと思っていた」と競技を始めた当初の思いを明かした上で、「素晴らしいクラブと出会い、本気でフットサルに向き合い、トップ選手としてファンサポーターの皆さんの前でプレー出来たことを光栄に思います」と浦安への感謝の思いを語った。



■2023-2024シーズン 現役引退選手のお知らせ

いつもバルドラール浦安をご声援いただき、誠にありがとうございます。
このたび、FP6 大島旺洋選手が、2023-2024シーズンを持ちまして現役を引退することをお知らせいたします。

◯プロフィール

大島旺洋

生年月日:2000年8月7日

出身地:新潟県

■選手経歴:
2019-2020 バルドラール浦安セグンド
2020-2021 バルドラール浦安
2021-2022 バルドラール浦安セグンド
2022- バルドラール浦安

◯コメント
「今シーズンを持ちまして現役を引退することを決断しました。5年間という短い期間でしたが、このクラブでフットサルキャリアをスタートし、プレーすることが出来て本当に幸せでした。

高校卒業と同時に、新潟から東京へと上京してきましたが、初めはフットサル選手を目指してではなく社会人として働くために上京し、フットサルは趣味として初めたいと思っていたのが本音です。

ですが、バルドラール浦安という素晴らしいクラブと出会い、本気でフットサルに向き合い、トップ選手としてファンサポーターの皆さんの前でプレー出来たことを光栄に思います。プリメーロからセグンドに降格した悔しい経験もあり、決して順風満帆な選手キャリアではありませんでしたが、今振り返るとセグンドでの期間は人としても選手としても大きくなるきっかけをくれた大切な時間でした。この5年間、私を育ててくれたクラブ・スタッフ・チームメイトをはじめ、応援してくれたファンサポーターの皆さんには感謝しかありません。

今後についてはまた改めて報告したいと思いますが、新たなステージでも挑戦することを辞めず、日々を過ごしたいと思います。残りのリーグ戦、全日本フットサル選手権は浦安ファミリーの皆さんと笑って終われるように全力を尽くし戦います。引き続きバルドラール浦安への応援をよろしくお願いします」



▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼