SAL

MENU

作成日時:2024.01.06
更新日時:2024.01.06

【F1ファイナルシーズン|記者会見/立川vs町田】逆転勝利で初のリーグ優勝に王手!町田・甲斐修侍監督「我慢を続けることができれば、勝てる可能性は残されている」|上位リーグ第25節

PHOTO BY本田好伸

1月6日、名古屋金城ふ頭アリーナにてFリーグ2023-2024ディビジョン1 ファイナルシーズン上位リーグ・第25節が行われ、立川アスレティックFCペスカドーラ町田が対戦。町田が3-1で勝利し、クラブ史上初のリーグ優勝に王手をかけた。

初優勝に向けてマジック「2」としている町田。立川との“東京ダービー”は5分にカウンターのチャンスを決めきれずにいると、その流れから逆カウンターを許して失点を喫した。嫌な立ち上がりとなったが、10分に山中翔斗の鋭いパスが相手に当たってゴールネットを揺らして同点で試合を折り返す。さらに28分には、原辰介のボール奪取から荒川勇気が豪快に蹴り込んで逆転に成功。終盤は押し込まれる展開のなかジオヴァンニが好セーブを連発し、髙橋裕大のパワープレー返しが決まって勝負あり。勝利した町田が残り2試合で優勝マジックを1とした。

試合を終え、甲斐修侍監督と伊藤圭汰が記者会見に出席した。



逆転勝ちの一喜一憂しないメンタリティ

●ペスカドーラ町田|甲斐修侍監督

──試合を振り返って。

先週の大分戦がチームとして不甲斐なかったので、それを取り戻すための試合でした。優勝争いをしていますけど、前回の大分戦はここまで1年間戦ってきたなかでももったいない、問題が多い試合だったので、いい時のような判断ができるように共有してやってきました。

今日は結果として(勝利を)掴み取ることができました。立川も強いチームですし、得点できるタレントが揃っているので、相当なハードワークと我慢ができなければ勝つのは難しい試合になると思っていました。選手全員が体を張って、ハードワークしたからこそ勝つことができた試合なので、選手たちに感謝したいです。

ゲームの内容や時間帯、局面における問題はたくさんありますが、今の優先順位は勝ち点3を取ること。たくさんのエラーやたくさんの修正点はありますけど、まだ若いチームですし、これからプレーヤーとして2年後、3年後に向けてやっていける選手が多いので、彼らのクオリティを上げられるようにトレーニングからやっていければと思います。

──先制されながらも、悪い流れを引きずらず逆転勝利を収めました。監督がマネジメントで気をつけたことを教えてください。

先制できるのが理想ですが、今日の試合に限らず今季は失点する試合がたくさんありました。ただ、失点したから負けるというマインドになってはいけません。そういう話は常にしています。

今日の試合もどれだけ気持ちを入れて、いい状態で試合が進んでも失点スタートになる可能性はあると話していました。僕が整える必要もなく、0-1の状況でも若い選手たちの声かけや整理された捉え方ができていました。名古屋戦で勝った時も0-2からスタートしています。そこで一喜一憂せずに、自分たちの我慢を続けることができれば、勝てる可能性は残されているということを常々話しています。

今日はみんなの勝ちたい気持ちが強かった。そういうものが空回りにつながらなければいいなと思っていました。勝ちたい気持ちと、試合をしっかり見極める冷静さ。ハーフタイムにもその話をしました。後半になればなるほど、局面に対しての考え方、状況判断のスピードも上がっていたので、選手たちを称えたいと思います。

──ベテランの日根野谷建瀬手が、出場時間は決して多くないなかベンチからずっと声を張っていました。チームにおいて彼はどんな存在ですか?

引退セレモニーを見たらわかるように、フォア・ザ・チームの精神。自分が出られなくても、自分のできることをやってくれる。若い子たちにポジティブな声をかけてくれています。それは日根野谷に限らず、ベテランや中堅が若手に言うだけでなく、若手が中堅やベテランにも言います。垣根なくポジティブな声をかけられるグループになってきているかなと思います。

出ているみんなが頼もしくて素晴らしいプレーをしてくれた

●ペスカドーラ町田|伊藤圭汰

──試合を振り返って。

先制されて難しい試合になりましたが、これまで通り、今シーズン僕らがやってきたような試合ができて、しっかり逆転できたことがよかったです。僕はあまり出場時間がなかったですけど、出ているみんなが頼もしくて素晴らしいプレーをしてくれたと思います。次の試合に向けて頑張りたいです。



▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼