SAL

MENU

作成日時:2024.04.19
更新日時:2024.04.19

【アジアカップ2024|ミックス/日本vsキルギス】初戦を落としたなかで見せた、確かな存在感。平田ネトアントニオマサノリ「信じてもらうしかない」

PHOTO BY本田好伸

4月18日、日本代表はタイ・バンコクアリーナでAFCフットサルアジアカップ2024グループステージ第1節・キルギス代表戦に臨み、2-3で敗れた。

大会直前に清水和也とオリベイラ・アルトゥールが負傷離脱となった日本代表。中心選手を欠いた日本は、初戦の硬さも見られ勝ち点を落とした。そのなかで弾丸シュートで相手ゴールを脅かし、存在感を示したのが、平田ネトアントニオマサノリだ。「出し手は信頼していれば出してくれる」と話す平田は、後ろの選手と関係を構築しながら、次節に向けて準備をする。

試合後、平田に話を聞いた。

■キルギス戦 ハイライト(グループC第1戦)

↓日本代表の全てがここにある↓


いらないパスミスが目立ってしまった

──試合を振り返って。

勝たないといけない試合で、前回大会のように(初戦で)負けてしまいました。自分たちの良さを出せなかった入りからそのまま失点してしまって、さらに2本のFKから失点……。初戦で一番やってはいけないことをやってしまいました。パワープレーでなんとか勢いを取り戻せましたけど、及ばずというか。あってはいけない敗戦ですけど、切り替えてやるしかないと思います。

──平田選手自身のプレーについては?

良かったと思います。ただ、もっとチームがシュートを打てるような形を引き出す選手でもあるので、そこは次の試合に向けて調整したいと思います。

──新井裕生選手へのアシストはとても綺麗なピサーダでしたが。

相手が2人食いついてくれて裕生が走ってきていたので、いいところへ落とせましたし決めてくれたので良かったです。

──相手陣地でスペースがなかったように感じましたが、どこに攻撃の糸口を見だそうと考えていましたか?

自分たちとしては、前を向いて仕掛けるというシーンが前半からやれていたら全然違う展開になっていたと思います。それが大会の初戦ということで緊張もあったりしたのか、いらないパスミスが目立ってしまったと思います。後半はそれができるようになってきましたけど、なかなか(ゴールが)入らずという感じでした。

──ドリブルに特徴のある堤優太選手や金澤空選手と同じセットで出ていましたが、ピヴォとの絡みを多くしようと考えていたのか、サイドで1対1を仕掛ける回数を増やそうとしたのか。チームとしての狙いはいかがでしたか?

押し込んでいたので、どちらかと言えばピヴォに当てたかったんですけど、簡単に当てられるところで当てなかったりして、タイミングだったりいろいろあると思いますけど、ピヴォに対してのパスというのは少なかったのかなと思っています。

──これまでピヴォに当てるボールは負傷離脱してしまった、オリベイラ・アルトゥール選手からのパスが多かったと思います。今、彼がいないなかでどのように修正していきたいですか?

出し手は信頼していれば出してくれると思います。(自分は)信じてもらうしかない。出さないのであれば、僕が降りていって4枚でやれるようにしないといけないですし、4-0と3-1の両方をやれれば後ろもやりやすくなると思う。そこを映像見て調節したいなと思っています。

↓日本代表の全てがここにある↓

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼