SAL

MENU

作成日時:2024.04.23
更新日時:2024.04.23

【アジアカップ2024|ミックス/日本vsタジキスタン】平田ネトアントニオマサノリ、泣き崩れ、立ち上がれなかった最後の瞬間「みんなをW杯に連れていけなかったのが、なにより悔しい」

PHOTO BY本田好伸

4月22日、日本代表はタイ・バンコクアリーナでAFCフットサルアジアカップ2024グループステージ第3節・タジキスタン代表戦に臨み、1-1で引き分けた。この結果、グループステージ敗退が決定すると同時に、今年9月にウズベキスタンで開催されるFIFAフットサルワールドカップの出場権を逃した。

グループステージ第2節の韓国戦で2得点を挙げた平田ネトアントニオマサノリは、今節はスタートから出場した。試合開始12分で先制するも26分に追いつかれた日本。残り3分でパワープレーを行使した際も、平田は最後までピッチで戦うメンバーの一人だった。

試合終了の笛が鳴った時、ベンチの反対側で一人しゃがみこんだ平田に、チームメイトが駆け寄った。立ち上がることができない時間のなかで、平田はなにを思い、考えていたのか。試合後、話を聞いた。

■タジキスタン戦 ハイライト(グループC第3戦)

↓日本代表の全てがここにある↓


なにかが足りなかったことは間違いない

──試合を終えて、率直な気持ちをお願いします。

いやわかんないっす。なにを言ったらいいかわかんないです。悔しいし、全力でやっていなかったかといったら、そういうわけではない。でも勝てなかったのには原因があるんだろうし、今の気持ちはあんまり、ちょっと伝えられないです。

──試合直後もなかなか立ち上がれない時間が続いてたと思いますが、どんなことが頭によぎっていたのでしょうか。

日本のフットサルを盛り上げるためにも、僕たちが(ワールドカップに)いかないといけなかったです。Fリーグを含め、全員の日本人選手やサポーターになんて言えばいいのかわからない。チームをワールドカップに連れていけなかったのが、やっぱり悔しいです。

──リトアニア大会の直前で怪我で出られなくて、平田選手にとっては今回のワールドカップはそれも含めて、絶対に行きたい大会だったと思います。こういう形で終わってしまいましたが、この3年間やってきたものをどう振り返りますか。

そうっすね。このため(ワールドカップに出場するため)にやってきましたし、どこかで抜いたとかは別に思わないです。ただなにかが足りなかったということは間違いない。個人もありますけど、みんなをワールドカップに連れていけなかったのが、なにより悔しいです。

──木暮さんからの信頼も感じていたと思います。平田選手として求められる役割はやり尽くしたけど、届かなかったという感覚でしょうか。

おそらく(今が)自分の人生で一番ベストな状態だと思います。ただ勝てなかったので、なにかが絶対に足りないし、勝つためになにかを変えないといけない。メンタルなのか、もっとうまくならないといけないのか、もっと戦わないといけないのか、今は正直わかんないですけど。

──サポーターの前ですごく深々と頭を下げていたシーンがすごく印象的でした。どんな思いだったのでしょうか。

選手たちを連れて行けなかったのはもちろん悔しいですけど、サポーターがいつどこに行っても日本を応援してくれるから、僕たちもホームのようにやれるし、それがいつもサポートになっていました。遠いところでも現場に来て一緒に戦ってくれて、負けたら悔しいと思うし、俺らにがっかりしている気持ちもあると思う。世界を見ても野次とかは絶対にあるけれど、そのなかでも最後まで応援してくれるサポーターがいることが日本の素晴らしいところだと思います。ただ自分的には、今回はそこが余計にきつかったです。

──一緒に戦ったメンバーになにか贈りたい言葉はありますか。

2016年も(ワールドカップに)いけなくて、今回もいけなかった。ただこれで諦めるかといったら、そういうわけではないし、僕個人としてもワールドカップにいきたいので。なにがあってももっとうまくなるし、メンタルも強くする。今はなにを良くしたらいいのかわかんないですけど、日本をワールドカップに連れていって、そこで日本が活躍しているのに自分も参加したいです。

全員に伝えたいことは、しばらくはきついと思うし時間もかかるだろうけど、全員がもう1回挑むぞという気持ちでやれば、ベテランも若手も、もっと強くなると思う。

そのためには、みんなもう一歩うまくなる。今はなにかわからないですけど、これで人生は終わりじゃないし、もう1回チャレンジできる人はできると思うから、諦めず次はみんなでいきたいですね。

↓日本代表の全てがここにある↓

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼