SAL

MENU

作成日時:2024.04.23
更新日時:2024.04.23

【アジアカップ2024|ミックス/日本vsタジキスタン】残り10秒で放ったシュートは無情にもクロスバーへ。堤優太「もう試合は戻らないけど、あれが入っていれば間違いなく勝利に近づいた」

PHOTO BY本田好伸

4月22日、日本代表はタイ・バンコクアリーナでAFCフットサルアジアカップ2024グループステージ第3節・タジキスタン代表戦に臨み、1-1で引き分けた。この結果により日本はグループステージを突破できず、ワールドカップ出場権を逃した。

今大会、日本の攻撃の要として初戦から幾度となくチャンスをつくり出していたのが、堤優太だ。タジキスタン戦、残り3分でのパワープレーでは、セットを変更。どうしても得点がほしい状況下で堤が投入された。その期待に応えるように、またも決定機を創出。しかし残り10秒で放たれた左足のシュートは、惜しくもクロスバーに阻まれた。

試合を重ねるごとに、その活躍から出場時間が増えた堤。最後の1秒まで日本を背負って戦った彼に、話を聞いた。

■タジキスタン戦 ハイライト(グループC第3戦)

↓日本代表の全てがここにある↓


決定力をつけられるように頑張っていきたい

──お疲れ様でした。なかなか受け入れがたい結果となりましたが、どんなことを感じていますか?

受け入れたくない結果になってしまい、不甲斐ない気持ちです。個人のクオリティに僕自身も日本代表として責任を感じています。

──結果にこそつながりませんでしたが、堤選手がこの大会を通してやれたこと、出せたこと、学んだこと、たくさんあると思います。足りなかった部分よりも、次につなげていくために感じていることはありますか?

最後のタジキスタン戦、相手が引き分けでもいいというなかで守備をしっかり固めてきて、個のところでボールを動かせれば間違いなくチームとしても優位な時間を作れたと思います。個人としても、もっともっと得点に絡むところは本気でやらなきゃいけない部分なのかなと思います。

──木暮ジャパンにとって堤選手は重要な役割を任されてきて、それは堤選手も起用方法で感じていたと思います。そういう部分を背負って戦ってきたことについてはいかがですか?

合宿を重ねるごとに出場時間を長くもらうことが増えてきました。試合に出る以上、責任感を持ってプレーしなきゃいけないですし、得点に絡めるプレーをどんどん増やさなければ自分が出ている意味がないと思う。チームに戻ってしっかり得点に絡める選手になって、アジアでもハイクオリティなプレーを出せる選手にならなければいけないと思いました。

──同点になって、ずっと続けてきた3セットを一つ崩してそこに堤選手が入ってきましたけど、木暮監督にはどのように送り出されたのでしょうか。

言葉はなかったですけど、引き分けではダメだったので間違いなく点を取りに行くという意図は見られました。ただ個人としてはうまく攻撃の部分で流れをつかめなかったと悔しい思いもあります。そこで自分が点を取れれば、また流れが変わったのかなと思います。

──クロスバーに当たったんでしたっけ?そのシーンも「入っていれば」と思ってしまいますが……。

もう試合は終わったので戻ってこないですけど。まあ、あのシュートが入っていれば間違いなく勝利に近づいたと思う。そこの決定力の部分がなかったので、これからしっかり決定力をつけられるように頑張っていきたいなと思います。

──シュートを打った瞬間、手応えはどうでしたか?

今大会のボールに関しては、僕としては非常に軽いと感じていました。強いインパクトが乗れば強くて重いシュートを打てたのでいい感触があったんですけど、クロスバーに嫌われてしまったので非常に悔しいなと思います。

──木暮ジャパンはひとまずここで一旦区切りになってしまいますが、この先シーズンに入るので、また切り替えて臨まないといけない。そこに向かう今の気持ちに関しては、今の段階ではどうですか?

今は、頭のなかは考えられない状態ですけど、時間は進むのでそこは自チームに戻って個人としてもチームとしてもいい結果を出せるように、そしてまたこの日本代表に戻ってこられるように頑張っていきたいなと思います。

↓日本代表の全てがここにある↓

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼