SAL

MENU

作成日時:2024.05.19
更新日時:2024.05.20

【Fリーグオーシャンカップ2024|ミックス/名古屋vs大阪】これぞアンドレシート!決勝進出に導いた2得点。名古屋・アンドレシート「自分たちは逆転できると信じてやれたのが、ゴールを決めることにつながった」

PHOTO BY

5月18日、名古屋金城ふ頭アリーナにてFリーグオーシャンカップ2024の準決勝が行われ、名古屋オーシャンズとシュライカー大阪が対戦。名古屋が2-1で大阪に勝利し、2年連続で決勝に進出した。

この試合で2得点を挙げチームを勝利に導いたアンドレシートに話を聞いた。

試合日程・結果はこちら

ゴールでチームを助けられたのは良かった

──今日の試合を振り返って。

本当に難しい試合でした。大阪は引いてくると大体わかっていたけど、思っていた以上に苦しい試合になったかな思います。

──そのなかでも得点を決めてチームを勝利に導きました。

まずは勝つことがすごく大事なので、勝つことができてよかったです。ただそのなかでも攻撃でも守備でもチームをサポートできるようなプレーというところは大事になるので、ゴールでチームを助けられたのは良かったと思います。

──1点目、2点目を振り返ってどうですか。

引いてくる相手に対して難しいとは言いましたけど、自分たちは逆転できるというメンタルを持ちながらやっていました。ポジティブなメンタルで、そこを信じてやれたのが、ゴールを決めることにつながったのかなというふうに思います。

──ゴールはどっち足で決めていましたか?

1本目は左で、2本目は右です。

──右利きの選手みたいなシュートが見られるようになってきましたね。

スペインリーグでも逆足でかなり決めてきているので、Fリーグでも決められるようになってきたのかなと思います。

──今シーズンからイマノル監督に代わって、どんなふうに順応できていると思いますか?

本当に2人はまったく性格も違うので、攻撃も守備も全然違いますし、監督が求めてること、要求してることを自分たちは徐々に吸収しながら、学びながらやっています。

──ボールはけっこう動いていますけれども、アンドレシート選手自身も動く量が増えて大変じゃないですか。

自分も動きながらボールを触って、よりワンツーを狙ったりだとか、そういう流動的なスタイルは好きなので、自分には合ってるかなというふうに思います。

まだ新しい監督と1カ月くらいしかやれていないので、より良くなっていくためにはまだ時間が必要かなとは思います。

──イマノル監督はアンドレシート選手にどんなことを求めていると思いますか?

リーダー的な存在というか、チームを引っ張っていくという部分でチームに貢献するために日本に来ました。守備の日もあれば、攻撃の日もあるし、それは日によって変わりますが、どんなポジションでも引っ張っていけて、チームをサポートできることを求められていると思います。そういったところは特に自身としても好んでるので、求められてことに対して応えていくという感じです。

──今年はどんなチームになっていくと思いますか。

よりボールを触ったり、動きが流動できたりするところが変わった部分ではあるんですけど、そこはまだ慣れていかないといけない部分でもあります。時間が経つにつれてより良くなっていくオーシャンズが見られるんじゃないかなと。

去年3-1でしたけど、今年はより4枚の形が多いと思うので、そういった形で違うオーシャンズも見てもらえるかなというふうに思っています。

 

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼