SAL

MENU

2022.12.31

【完全体験レポートby五十嵐メイ|オーシャンズトークンDAY】大迫力VIP席!試合前集合写真に参加!投票で決まった曲で選手が入場!特別なプログラム!オーシャン君と記念撮影… ファン垂涎のイベント満載!

PHOTO BY名古屋オーシャンズ

名古屋オーシャンズがFiNANCiEを利用して『オーシャンズトークン』の販売を開始したのは今年の5月。販売開始のリリースと同時に「トークンってなに?」「FiNANCiEって?」「株主みたいなもの?」という戸惑いの声があがりました。

そうした方にも理解を広めてもらえるように、12月11日にパロマ瑞穂アリーナで行われたバルドラール浦安戦は、「オーシャンズトークンDAY」と銘打って、トークン購入者を対象にしたさまざまな体験型企画が打ち出されました。

今回は、当日の模様をオーシャンズトークンアンバサダーの五十嵐メイがレポートします!

文=五十嵐メイ 写真=五十嵐メイ、名古屋オーシャンズ

そもそもトークンとは?

FiNANCiEから発行されているトークンは、仮想通貨や金融商品のようなものではなく、クラブを応援するための「デジタルアイテム」という位置付けです。サポーターは、クラブを応援するためにタオルマフラーやユニフォームなどのグッズを購入しますよね。トークンもクラブを応援するために購入するグッズの一種です。

◆「トークンってなに?」を知りたい人はこちら

◆「オーシャンズトークンってなに?」を知りたい人はこちら

(※編集部注:五十嵐メイさんが、ものすごくわかりやすくnoteでまとめています!)

ユニフォームやタオルのように目に見えるものではないので、分かりづらさが先行してしまっていますが、今回の「オーシャンズトークンDAY」ではトークンホルダー(トークン保有者)はどんな体験ができるのかということが可視化された良い機会だったのではないでしょうか?

「オーシャンズトークンDAY」では、FiNANCiEの抽選や投票機能を使った企画が全部で7つ。この抽選や投票にはトークンを保有していないと参加することができません。

VIP席へのご招待、試合前の集合写真撮影への参加、キャプテンマークへの応援メッセージ企画、選手の入場曲を決める投票、マッチデープログラム作成、オーシャン君との記念撮影です。

大迫力のVIP席にご招待!?

名古屋オーシャンズのホームゲームでは、ピッチサイドにVIP席が設置されています。この席は年間シートの購入者及び、オーシャンズシートという6,000円で販売されるチケットを購入した方しか座ることができません。私も何度か購入して座ったことがありますが、スタンド席と比べると迫力が段違いです!

試合中の選手同士の会話もよく聞こえ、目の前で繰り広げられる熱い戦いを見ていると、息をするのも忘れてしまいそうになります。そんなスペシャルな席に、トークン購入者の中から抽選で3名の方が招待されました。

数少ない3席を射止めた幸運な方には、オーシャンズのグッズを担当するアスリートライフデザインさんから、素敵なプレゼントが用意されていたようです。

サイン入りハンドクラッカー、Tシャツ、選手の直筆メッセージ付きチェキ。とっても豪華です。

当選者の方からは「少し早いクリスマスプレゼントをもらったみたい!」という大喜びの声があがっていました!

試合前の集合写真撮影に参加!?

試合前に選手たちが肩を組んで写真撮影をしますよね。この撮影に参加できる権利がゲットできる抽選もありました。

貴重な権利を引き当てた私も、ばっちり参加してきました! どんなポーズで写ろうかなとワクワクしながら撮影の時を待ちました。しかし、いざピッチに足を踏み入れると……。

緊張感が漂う試合前のピリッとした雰囲気。オフモードの何倍も頼もしく見える選手たち。ヘラヘラしたらいけないような気がして、真顔で撮影に挑みました。

後から写真を見返すと、笑顔の選手もちらほら。ピッチの外から見ているだけではわからない試合前の雰囲気に、少しだけ触れることができたとってもい機会でした。

ちなみに私はフットサルシューズを忘れて、裸足で参加しました……。緊張感ゼロ。

キャプテンマークへの応援メッセージ企画!

「キャプテンマークにエールをこめろ!」と題されたこの企画は、トークンホルダーの中から、篠田龍馬キャプテンが着用するキャプテンマークに刺繍する2文字を募集したもの。

採用された方には、実際に篠田選手が着用したキャプテンマークをプレゼント。篠田選手が選んだ2文字は「覚悟」でした。どうして覚悟を選んだのかという選出理由を語った動画は、オーシャンズトークンのコミュニティで公開中です。

篠田選手といえば、オーシャンズトークンのアンバサダーも務めています。トークンの販売開始時にはTwitterのスペース機能を利用して、ファン・サポーターの方がトークンの理解を深めるための配信を積極的に行ってくれました。ピッチだけではなく、オーシャンズトークンにおいても欠かせない存在です!

選手の入場曲を決める投票も!

FiNANCiEには投票機能があります。トークンホルダーになると投票に参加することができるので、自分の意見を伝えることができます。

日頃、名古屋オーシャンズのホームゲームを盛り上げてくれているアリーナDJの里中ユウスケさんがチョイスした3曲の中から、投票で選手の入場曲を決定しました。

投票で決定した曲は、Bon JoviのHave a Nice Day。試合前の写真撮影の準備でバタついていたので、当日の選手入場を見ることはできませんでしたが、きっとアリーナは盛り上がっていたのではないでしょうか!

スペシャルマッチデープログラムも必見!

オーシャンズのホームゲームでは、毎試合マッチデープログラムが公開されています。今回は、トークンホルダーの中からピックアップ選手への質問を募集し、実際に選手に答えてもらったミニインタビューが掲載されています。

実はこのマッチデープログラムに掲載する宮川泰生選手のインタビュー原稿は私が担当させてもらいました。アンバサダーとして、トークンホルダーの方にもっとオーシャンズトークンを楽しんでもらうにはどうしたらいいんだろうか。自分の職業を生かした貢献をしたいということで実現しました。楽しんでいただけたでしょうか?

せっかく大好きなチームのアンバサダーに抜擢していただいたからには、絶対に後悔させたくない。そう常々思っているので、今後もコミュニティ内などで面白い企画の展開ができたらなと目論んでいます!

オーシャン君との記念撮影会!

名古屋オーシャンズには今までマスコットキャラクターがいませんでした。FiNANCiEの投票機能を使って、ファン・サポーターでデザインや名前を決めたオーシャン君は、オーシャンズトークンの初期販売で集まった資金で生み出されました。名古屋オーシャンズのマスコットキャラクターは、オーシャンズトークンの販売がなければ誕生しなかったんです!

試合後には、オーシャン君とトークンホルダーの方の記念撮影会が開催されました。

11月にお披露目されてから、あっという間にホームゲームには欠かせない存在となったオーシャン君。この日もたくさんの人に囲まれていました。

チアオーシャンズに混じってダンスだって踊れるし、選手とももうこんなに仲良し。フウガドールすみだの『スミダイル』や立川アスレティックFCの『アスレくん』に負けずに、たくさんの人に愛される存在になってほしいです!

「オーシャンズトークンDAY」を体験して思うこと

トークンホルダーの方から「トークンの活用がいまいちわからない」という質問をたくさんもらうことがありました。今回の取り組みを通して「オーシャンズトークンを保有しているからこそ体験できること」がより可視化されたのではないかと思います。

オーシャンズトークンの販売をきっかけに、名古屋オーシャンズやFリーグを知ってくれた方もいます。そういう方が、実際に試合会場に足を運ぶきっかけにもなったという声も聞いています。

コミュニティの活性化も重要ですが、やはりフットサルクラブなので試合に絡めた企画を行うことで、より一層ファン・サポーターの方がトークンを保有することの意義を感じることができたり、クラブへの愛着心を高めることができるのではないでしょうか。

FiNANCiEを活用するクラブが増えることで、今までリーチしなかった層へのFリーグの認知、より一層のリーグの活性化などが期待できるのではないかと思います。

■オーシャンズトークン
https://financie.jp/communities/nagoyaoceans

■オーシャンズトークン内活動報告ページ
https://financie.jp/communities/182/activity_log

▼  ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami