SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア

【アジア王者を目指すキミたちへ】大学フットサルとFリーグの“掛け持ち”を経て。「思い切り楽しんで、一瞬一瞬のプレーを大事に」(石田健太郎)

PHOTO BY川嶋正隆

敗退後は解散したくない思いも

──悔しさが成長につながった。

僕にとって、あの大会はフットサル人生で一番悔しいものでした。それくらいの影響力がありました。

──仲間たちの活躍には何を感じていますか?

嬉しい反面、負けていられない気持ちが強いですね。刺激になっています。今日も(湘南ベルマーレには植松)晃都がいました。当時は同じポジションで、彼はすでにA代表でもプレーしていました。自分も追いつけるようにと思いながら、当時も今もプレーしています。

──この世代のテーマとして「家族」があったようですが、何か家族エピソードはありますか?

家族エピソード……(笑)。基本的にみんな仲が良かったですね。流通経済大から(樋口)岳志もメンバーに入っていましたが、彼自身もフットサルをすごく学んでしっかりとプレーできていましたし、そういう意味ではみんなが向いている方向は同じでした。負けた後も正直、解散したくないなって思いました。

──ムードメーカーといえば……?

坂(桂輔)ですね(笑)。でも(清水)和也くんも盛り上げてくれました。初戦の勝利後だったと思うのですが、(山田)慈英がロッカールームで踊っていて、そこに坂と和也くんが乗っかっていました(笑)。

──山田選手はどんな選手ですか?

自分たちのときも、苦しい時間で点を取ってくれるような選手でした。一緒に悔しい思いをした仲間なので、その悔しさを晴らすためにも、自分でゴールを決めてくれると思っています。

──今、次の世代が第2回大会に挑んでいます。先輩としてメッセージはありますか?

緊張している選手もいると思いますが、それは悪いことではありません。国を代表できるのは、その選手に持ち味あがあって、いいところがあるから。その持ち味を、日の丸を背負って存分に発揮してもらいたいです。

──選ばれた選手がピッチに立っている。

そうです。だからこそ、プレッシャーも含めて楽しんでもらいたいです。楽しむことが一番。自分も今はそうやってプレーしています。思い切り楽しんで、一瞬一瞬のプレーを大事に戦ってもらいたいと思います。

──ちなみに、試合は見ていますか?

見てますよ。11番の本石(猛裕)は大学が一緒でしたし、実は家も近いんです。彼もポテンシャルがありますし、応援しています。勝って、優勝して、帰ってきてもらいたいです。

 

Interview  by Masataka KAWASHIMA


【Contents】
【U-20日本代表全力応援企画】アジア王者を目指すキミたちへ

MESSAGE 1 前回大会の主軸2人が託す想い。「楽しみながら、僕らの分まで」(伊藤圭汰&中村充)

MESSAGE 2 U-20からA代表へ駆け上がった先輩から。「思い切りやれば、間違いなく次につながる」(内田隼太)

MESSAGE 3 “清水世代”のエースが贈るメッセージ。「悔いを残さないように1試合を全力で」(清水和也)

MESSAGE 4 悔しさに涙した“イラク戦”のその先へ。「幸せを噛み締めながら、頂点を目指してほしい」(植松晃都)

MESSAGE 5 最後まで“一緒に”戦ったバックアップメンバー。「アジアを獲れるメンバーがそろっていると思います」(新田駿)

MESSAGE 6 大学フットサルとFリーグの“掛け持ち”を経て。「思い切り楽しんで、一瞬一瞬のプレーを大事に」(石田健太郎)

MESSAGE 7 準々決勝敗退の悔しさが、今の活力に。「悔いのないプレーをして日本にタイトルを持ち帰ってほしい」(鬼塚祥慶)

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami