SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.07.14

【F1第9節/名古屋×仙台】7発快勝の名古屋が首位へ返り咲く。「安定した試合運びがこの結果に繋がった」(名古屋 フエンテス監督)

PHOTO BY軍記ひろし

7月14日(日)、Fリーグ2019/2020ディビジョン1 第9節 名古屋オーシャンズ対ヴォスクオーレ仙台が武田テバオーシャンアリーナで行われ、7−1で勝利した。

先制点は、開始8分に生まれた。この試合でFリーグ200試合出場を達成したGKの篠田龍馬がしてのカウンターを阻止するとそのまま自分で高い位置までドリブル。右サイドのペピータへラストパスを送り、ペピータが狙い澄ましたシュートを決める。13分に西谷良介、16分にペピータがゴールを決めてスコアは3−0。前半残り41秒にコーナーキックからヴァルチーニョがボレーを叩き込んで前半を4点差で折り返す。

後半、なかなか得点が生まれない時間帯が続いたが30分に星翔太がペピータとのコンビネーションからゴールを決めて5−0。33分にゴール前で西谷が仙台の田村研人にファウルを侵されると、田村が一発退場。また、このファウルで仙台がファウルを5つ溜める。数的有利になった名古屋は、34分に水谷颯真がゴールを決めて6点差に。

38分にはその水谷の仕掛けをきっかけに仙台が6つ目のファウル。第2PKを獲得する。これを星(翔)が決めてさらに点差を広げる。残り41秒で失点してしまうが、6点差で試合終了。前日の試合でバサジィ大分が敗れたことで、この勝利で名古屋が首位に立った。

篠田龍馬の200試合達成を勝利で飾る

フエンテス監督(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

今日の試合で非常に良かった点はコンスタントにプレーを維持できたこと。どの選手が試合に出ても最後まで安定していました。“良くも悪くもピークがありませんでした”。その安定さこそがこの結果に繋がったと思っています。外から見ていても安心して試合を分析できました。ただし簡単なゲームではありませんでした。相手はモチベーション高く臨んできましたが私たちも試合に向けた準備が整ってていたことで選手も迷いなくプレーできたこともこの結果に繋げられた要因だと思います。

──AFCクラブ選手権が近づく中、日本人選手の得点が多かったのは明るい要素なのでは?

そうですね。この試合は私たちの強化にも繋がれば、近い目標であるAFCに向けても繋がった試合だったのではないかなと。今日は(笠井)大輝選手が基本のセットに入って試合に多く出る時間もあり、そこで彼のプレーのフィードバックを見ることができて非常に良かったなと思います。それが少しでも彼の自信になってほしい。

AFCでは彼だけでなく颯真選手や(鬼塚)祥慶選手の力といった若手の力も欠かせないです。全員の力が必要になるので、こういう時期に少しでも出場時間を増やして自信に繋げることができたのは良かったと思います。

星龍太(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

支配率も高くて、要所、要所抑えられた試合でしたが最後に失点しまったのは勿体なかった。「AFCの準備でもあるし、点差がついたから気を抜いてはいけない」と監督から言われていたなか、失点してしまったのは勿体なかったです。試合全体としては、後半はミスが目立ちましたけど及第点だったと思います。

──篠田選手が今日でFリーグ通算200試合を達成しましたが星選手も次節で200試合を達成します。

篠田選手はオーシャンズだけで200試合しましたが僕は府中(アスレティックFC)での試合も加算されます。オーシャンズに一番長く在籍していますがそこには府中だったり、FUGA(MEGURO)だったりと、いろんな人に恵まれてこの場に立っていると実感しています。すでに300試合達成している人もいますが、次の試合に出ることができたら200試合達成できることはすごく嬉しいことで、ケガとかあった中でもこうして200試合出られることについては嬉しいし恩返ししたいという気持ちがあります。

でもマサ(平田ネトアントニオマサノリ)の最終試合でもあるので、どちらかというとそっちがメインかなと。マサにかき消される感じがして「タイミングずらせよ」という感じですね(笑)。でも、タイミングが悪いのも僕らしいかなと思います。僕の200試合もいいですけど気持ちよくマサを送り出したいなと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami