SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2019.12.16

【本田レポート】3位vs5位対決は「フリーランニング」と「フィクソの3人目の動き」がハマった大阪に軍配。

PHOTO BY軍記ひろし

12月15日(日)、Fリーグ2019/2020 ディビジョン1 第29節、ペスカドーラ町田とシュライカー大阪の一戦が町田市立総合体育館で行われ、大阪は4-2で勝利した。

フリーランニングと2人のフィクソのゴール

レギュラーシーズンはこの日を含めて残り5試合。プレーオフ出場圏内の3位につける大阪だが、6位の湘南ベルマーレまで勝ち点は7ポイントしか離れていない。そんななかで迎えた、勝ち点「4」ポイント差の5位・町田との直接対決だけに、大阪としてはなんとしても「勝ち点3」を手に入れたいゲームだった。

そんな気持ちがピッチにあらわれたのか、序盤からペースをつかんだのは大阪。2分、左サイドのアルトゥールがダイレクトで縦へのピヴォ当てを通すと、ボールキープで相手と体を入れ替えながら前を向いた相井忍が、ファーへとラストパス。走り込んだアルトゥールが自らスライディングで合わせて、幸先よく先制に成功した。

続く5分、ハーフ付近の相手陣内で堀内迪弥と小曽戸允哉がパスを交換すると、その間に田村友貴が左サイドから中央へとフリーランニング。すると、小曽戸からのシュート性のボールにゴール前でワンタッチで合わせて、あっという間に2点のリードを作ってみせた。

さらに12分、中央のアンドレウが放ったシュート性のボールを、ゴレイロの目の前に入った小曽戸がワンタッチで流し込んで3-0。その後も主導権を握りながら、いい流れのまま試合を折り返した。

前半で生まれたこの3ゴールは、いずれも大阪の強みと町田の弱みが“噛み合った”ものだった。

最初の2得点はいずれもフィクソが決めたもの。1点目は、きっかけとなるダイレクトパスを出したアルトゥール。2点目は相手の視野が前を向いている隙に背後を取った田村。2人とも大阪が得意とするフリーランニングによるものであり、相手を崩してゴールを奪うためには欠かせない“3人目の動き”が徹底されたものだった。

3点目も小曽戸の真骨頂であるフリーランニングが生きたものであり、同時にこれは、重心が前にいきがちな町田の守備の甘さを突いたゴール。町田は受け渡すのか、自分でついていくのかという、ゾーンとマンツーマンの切り替えに迷いがあった。そんな、最初の2点で浮き彫りになった相手の弱みを意識的に攻め立てた、大阪の見事な得点シーンだった。

大阪が試合を効率よく進めているだけに、このまま決まってしまうのではないか。そんな雰囲気もただよっていたが、今度は大阪の弱さ──試合後にキャプテンの田村が振り返った「リードしているときのゲームコントロール」の課題が出てしまう。

後半に入って、反撃に出てきた町田に苦しみ始めると、22分に失点。29分には相井、アルトゥールがそれぞれ相手陣内で1人で抜け出す大チャンスを迎えたが、町田の守護神・イゴールに阻まれて追加点を奪えない。少しずつペースを相手に譲ってしまうと、迎えた34分、自陣で奪われたボールをそのまま決められ3-2と、ついに1点差に追い上げられてしまった。

しかし、その後は冷静さを取り戻してゲームをコントロール。37分から相手がパワープレーを始めたが、決定的な場面を作らせず、逆に残り27秒、ボールを奪った相井が無人のゴールに決めて勝負あり。

大阪は、第26節から、フウガドールすみだ(○3-2)、名古屋オーシャンズ(●2-4)、バサジィ大分(○8-2)という、上位陣とのタフな試合が続いてきたが、この試合を含めて3勝1敗と勝ち点を重ねることに成功。プレーオフ出場に向けて大きく前進する結果で乗り切ってみせた。

シュライカー大阪の試合後記者会見コメントはこちら

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami