SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.01.13

【F1第33節/長野×立川・府中】史上初の“0勝”フィニッシュ。F1残留する長野の未来は?「苦しいときこそ、自分にフォーカスしないといけない」(長野 横澤直樹監督)

PHOTO BY軍記ひろし

1月13日(月・祝)、Fリーグ2019/2020 ディビジョン1 第33節、ボアルース長野と立川・府中アスレティックFCの一戦が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、長野は1-5で敗戦。シーズンを通して未勝利に。

今シーズン、F1昇格を果たし初めてトップの舞台を戦ったボアルース長野。

開幕戦ではバルドラール浦安に2-5で敗戦。開幕戦の直後、「やはり“F1”ですね。(中略)ただし、これから先ずっと負けているわけにはいかない」と横澤直樹監督は決意した。しかしそれとは裏腹に全33試合を終えて、0勝4分29敗。失点数は歴代最多の209を記録してしまった……。

試合ハイライトはこちら(AbemaTVビデオ)

この悔しさをモチベーションに変えて

横澤直樹監督(ボアルース長野)

──試合を振り返って。

Fリーグに関わる皆様方のおかげもあり、本当に素晴らしい環境のなかでプレーできました。そのことについて本当にうれしく思いますし、サポーターのみなさんがシーズンを通してしっかり支えてくれたおかげで、私たちは必死に戦うことができました。もうその感謝に尽きます。

我々は最後まで必死に頑張りましたが、結局「未勝利」という結果に終わったことは絶対に忘れません。11月10日にリーグ最多失点記録を更新したその日も忘れないです(編集部注:リーグ最多失点は2019/2020シーズンのすみだvs名古屋の2-15)。この状態にもかかわらず、支えてくれた方々にいつか絶対に恩返しをしたいと思っています。

何の世界もそうですけど、悪いときは必ずあると思っています。そのときに支えてくれた人間こそが本当の応援してくれた人たちと私は思っています。勝利していい流れのときだけ来て一緒にワイワイする方々を否定するわけではないですけど、本当に大切にするべき人たちというのはつらいときに支えてくれた方々。その人たちこそが我々にとって一番大切にするべき人たちだと思っています。

──今シーズンの戦いを通して感じた、この先、何をやらなければいけないか。

私は「人間性」だと思います。要するに、苦しいときは誰かのせいにする、したくなる、何かをボヤきたくなる。それをしているうちは、間違いなく成長しないですし、チームの雰囲気もよくならない。基本的には苦しいときにこそ自分にフォーカスすることで自分が成長できる。もしくは、人のことを支えられるようになる。

もう一つは自分にフォーカスすることで仲間を尊重できること。例えばミスした人がいます。そのミスした選手にパスを送った人いたとします。そのパスを送った選手がが謝るのか、ミスをした選手が誰かのせいにするのか、パスをした選手のせいにするのか。どちらが成長するかと言えば、いいパスをして誤った選手の方が間違いなく成長します。

これはフットサルというスポーツだけではなくて、何の世界でも失敗することがあると思います。その部分でしっかり自分にフォーカスることで相手も尊重できるし、尊重されるような状態にもなります。そこではじめて本気の絆が生まれる。なんとなくわいわい勢いでやる絆とかではなくて、本気で戦った仲間と本気で信じ合って本気で争い合って、本気で言い合って。そういう本気のコミュニケーションがすべて上手くいく方向だと思います。私がロンドリーナにいた頃、湘南(ベルマーレ)にいた頃、ブラジルにいた頃もそうですけど、とにかく一番思いますね。だからこそ苦しいときこそ、自分にフォーカスする選手が一番大切。その基本的なところから考え方を直していきたいと思います。

西巻広直(ボアルース長野)

──試合を振り返って。

リーグ戦33試合が今日で終わりましたが、ここまで戦って来れたのはFリーグに関わるすべての方々がいろいろなことをサポートしてくれたおかげで、すごく感謝しています。33試合で1勝もすることができず終わってしまい、最多失点記録など不名誉な記録を残してしまいました。この悔しさをモチベーションに変えていつか「あの苦しさがあったから今の俺たちがある、今の結果がある」と言えるように頑張っていきたいと思います。これからも多くの方に応援していただけたらと思います。今シーズン、本当にありがとうございました。

──シーズンを通して、できたこと、できなかったことがあると思います。改めて今シーズンを振り返ってみていかがですか?

間違いなく、開幕戦の頃に比べたらチームとしても個々の能力、メンタル的にも成長できたとは思っています。試合に挑むモチベーションもそうですし、試合勘だったりを掴んで最後の方はいい戦いができたと思います。それでも、ほとんどことが他のチームよりも劣っているのは間違いない。「これを頑張る」というよりはすべてのことに対して、危機感を持って一つひとつ積み上げて練習からリーグ戦をイメージした練習をする。技術面もそうですし、メンタルもそうですしそういったところを全員がもっとやっていかないと勝てるチームにならないと感じています。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami