SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2020.01.26

【女子Fリーグ プレーオフ決勝 第2戦/浦安vs神戸】アルコイリス神戸が3連覇達成!第2戦に大爆発で逆転優勝!「最高!っていう一言。勝手に涙が出てきた」(神戸 加藤正美)

PHOTO BY軍記ひろし

26日(日)、たけやま3.5 Presents 日本女子フットサルリーグ2019/2020 supported by GAViC プレーオフ決勝 第2戦が武田テバオーシャンアリーナで行われ、アルコイリス神戸はバルドラール浦安ラス・ボニータスに9-4で勝利。2戦合計スコアを12-8と上回って、リーグ3連覇を達成した。

優勝には2点差以上の勝利が必要な神戸は、2分に中島菜月のゴールで先制すると、3分に同点に追い付かれたものの、9分に小村美聡、16分に平井佑果のゴールで2点をリードして試合を折り返した。この時点で、合計スコアで上回り、優勝条件をそろえたが、後半早々に失点を許すなど、試合は一筋縄ではいかなかった。

しかし23分、左サイドをしぶとく突破した平井のお膳立てから、中央の門井恵美がフィニッシュ。さらに26分にもCKの流れから門井が決めて、5-2と突き放すことに成功した。32分に1点を返されても、その11秒後に奪い返してリードを保つ。35分に決められても、38分には加藤正美がパワープレー返しを決め、さらに平井のゴールも決まって勝負あり。終わってみれば合計スコア12-8と4点を上回って優勝を果たした。

チャレンジャーの気持ちでいこうと伝えた

神戸洋平監督(アルコイリス神戸)

──今日の試合を振り返って。

すごく熱い試合で、その結果、最後に勝てたのがすごくうれしいです。

──1点ビハインド(優勝には2点以上の勝利が必要)で試合を迎えました。前日の会見でも「自信はある」と話していましたが、改めて試合前に何を確認しましたか?

昨日の結果もある程度は想定の上で、対策をして試合ができていました。ナノってい、今日は相手がどんなことをしてくるかという対応が難しかったのですが、選手もうまく対応できていました。試合のことというよりも、あとはメンタルの部分。気持ちを整えて、チャレンジャーの気持ちでいこうと伝えました。

加藤正美(アルコイリス神戸)

──今日の試合を振り返って。

今シーズンは、今回の試合がラストなので、必ずチームとして結果を残したいという気持ちでやって、最後まであきらめに続けて、それが結果に結びついてうれしかったです。

──優勝は何度してもうれしいものだと思いますが、優勝を決めた瞬間、どんなことを思いましたか?

「最高!」っていう一言です。今シーズンは本当に苦しかったので、それが結果に結びついたので、試合後は勝手に涙が出ました。

──得点女王となりましたが、そこへの想いは?

得点王になりたいというふうには思っていなかったのですが、今シーズンは自分が点を取らないと勝てないと自分自身を奮い立たせてやってきたので、それが結果にあらわれたことがうれしいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami